Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

Steinberg UR シリーズ 〜 世界中で大ヒットを記録しているオーディオ IF の開発コンセプトと人気の秘密を探る

* 本ページは ICON にて紹介された記事の転載です。

今や USB オーディオインターフェースの "定番機" と言える、Steinberg の UR シリーズ。24-bit / 192kHz 対応で、高音質マイクプリアンプ『D-PRE』やDSPミキサー / エフェクト機能『dspMixFx』を搭載、非常にコストパフォーマンスに優れたオーディオインターフェースとして、世界的なヒット商品となっています。
先日、アナログ4ch入力 / 2ch出力の新製品、UR242 が発表され、計6モデルの製品ラインナップとなった UR シリーズ。UR シリーズは、どのようなこだわりをもって誕生したオーディオインターフェースなのか。その開発コンセプトと人気の秘密を探る、開発者インタビューをご覧ください。

取材:ICON 
語り手:ヤマハ株式会社 PA 開発統括部 
赤羽根 隆広(商品企画担当)
甲賀 亮平(ハードウェア設計担当)
江刺 正人(ソフトウェア設計担当)

Steinberg UR シリーズの開発コンセプト

ヤマハ株式会社 楽器・音響開発本部
PA開発統括部 第2開発部
MPP・システムグループ 主任 赤羽根 隆広

— Steinberg の URシリーズは、そもそもどのようなコンセプトで誕生した製品なのでしょうか?

赤羽根 UR シリーズは、大きく三つのコンセプトをもとに開発したオーディオインターフェースです。一つ目のコンセプトは、安定して動作すること。オーディオインターフェースは、DAW 中心の制作環境においては脇役ではなく、コンピューターと共にシステムの中核を成す、とても重要なツールです。作業している間は常に電源が入り、休むことなく使われる。そんなシステムの中核を成すツールの動作が不安定だったとしたら、曲づくりに集中することができません。そこで我々は、とにかく安定して動作するオーディオインターフェースをつくろうと考えたのです。 二つ目のコンセプトは、優れた音質であること。今やコンピューターの中でいくらでも音を加工できるわけですから、色づけなく透明感のある音で録音 / 再生できることにこだわりました。原音に忠実で、歌や楽器の魅力をあますところなく録音できるオーディオインターフェースを目指したんです。 三つ目のコンセプトは、お求めやすい価格を実現すること。高価で性能が良いのは当たり前だと思いますので、我々はお求めやすい価格で、高性能な製品をつくろうと考えました。性能や機能にこだわらないのであれば、価格を下げることはそれほど難しいことではありません。しかしそういう製品は結局、お客様に評価していただけないですし、すぐに廃れてしまいます。ですから我々は、192kHz 対応や DSP の搭載など、お客様がオーディオインターフェースに求める仕様や機能は最低限クリアした上で、お求めやすい価格を実現するという難題にチャレンジしたのです。 つまり、安定して動作し、高音質で、お求めやすい価格のオーディオインターフェース。これが UR シリーズの開発コンセプトで、決して奇をてらうことなく、質実剛健なオーディオインターフェースをつくろうと考えたんです。

— UR シリーズは USB 接続のオーディオインターフェースですが、その前に FireWire 接続の MR シリーズという製品が販売されていました。MR シリーズと UR シリーズでは、コンセプトは違うのでしょうか?

赤羽根 いや、コンセプト自体は MR シリーズのときから変わっていません。MR シリーズと UR シリーズの違いは、FireWire 接続が USB 接続に変わったことくらいですね。ただ、MR シリーズのときは DSP 機能を強くアピールしてしまったので、その部分ばかりが注目され、安定動作や高音質といった部分がお客様にあまり伝わってなかったような気がします。また、汎用のオーディオインターフェースであるにも関わらず、そこも大きく打ち出していなかったので、Cubase 専用インターフェースと誤解している人も多かった。これらの反省を踏まえ、UR シリーズでは安定して動作する高音質なオーディオインターフェースであること、また Steinberg 以外の DAW でも使用できる汎用製品であることを強くアピールすることにしたんです。

— UR シリーズは Steinberg ブランドで販売されていますが、開発はすべてヤマハが行っているのですか?

赤羽根 商品企画とソフトウェア開発、そして最終的な製品チェックは、我々と Steinberg が共同で行っていますが、ハードウェアの設計、開発、生産はすべてヤマハが行っています。

— URシリーズの製品ラインナップについておしえてください。

赤羽根 2011年に発売した UR824 と UR28M がシリーズ最初の製品です。UR824 は、1U ラックタイプの製品で、アナログ入出力を 8ch、ADAT オプティカル入出力を 16ch 備え、計 24ch 入出力のオーディオインターフェースとして機能します。AD / DA コンバーターは 24-bit / 192kHz 対応で、UR シリーズの看板機能である高音質マイクプリアンプ回路『D-PRE』は8基搭載し、我々が『dspMixFx』と呼んでいる DSP 機能によって、ニアゼロレーテンシーでのモニタリングやエフェクトも可能になっています。 一方の UR28M は、デスクトップスタイルのオーディオインターフェースで、アナログ入力を 4ch、アナログ出力を 6ch、S/PDIF デジタル入出力を 2ch 備え、『D-PRE』は2基搭載しています。UR28M の大きな特徴は、ボリューム / ミュート / モノ / ミックス / ディマーといった操作に対応した高機能なモニターコントロール機能を搭載している点で、最大3組のスピーカーを接続して、スタンドアローンのモニターコントローラーのように操作することができます。

フラッグシップモデル UR824。1Uラック筐体にアナログ8ch入出力+デジタル16ch入出力(ADATオプティカル×2)を装備した計24ch入出力のオーディオインターフェース
デスクトップ筐体の UR28M。アナログ4ch入力/6ch出力、デジタル2ch入出力(S/PDIFコアキシャル)を装備し、モニターコントローラー機能も搭載

— その後に発売された UR22 によって、UR シリーズの認知度が一気に高まったような感じがします。

赤羽根 そうですね。2013年2月に発売した UR22 は、2ch のアナログ入出力と2基の『D-PRE』を搭載したコンパクトなオーディオインターフェースで、USB バスパワーで駆動する製品です。最初の製品、UR824 と UR28M も好評だったのですが、この UR22 は発売直後から大ヒットとなり、今でも世界中で売れ続けています。 そして昨年、UR22 よりも一回り大きな筐体で、6ch のアナログ入力と 4ch のアナログ出力、そして4基の『D-PRE』を搭載した UR44 という製品を発売しました。コンパクトなオーディオインターフェースが欲しいが、UR22 では少し物足りない…… という人向けに開発した製品で、UR22 には非搭載の DSP 機能『dspMixFx』を利用することもできます。 また昨年発売した UR12 は、UR22 をベースにさらに用途を絞った仕様になっている製品で、アナログ入出力は 2ch ですが、搭載されている『D-PRE』は1基のみとなっています。VOCALOID 系の人たちをはじめ、最近では録音するのは歌やギターくらいという人たちが増えているので、そういったニーズに向けて開発した製品ですね。また、ループバック機能も備えているので、インターネット配信用インターフェースとしても最適な製品です。

世界的ヒット UR22。コンパクトボディにアナログ2ch入出力、MIDI 入出力も搭載。バスパワーで動作する
入出力数と可搬性の絶秒なバランスの UR44。アナログ6ch入力/4ch出力、DSP機能 "dspMixFx" も利用できる
UR22をベースにさらに用途を絞った UR12。アナログ2ch入出力、"D-PRE" は1基のみ
最新モデル UR242。アナログ4ch入力/2ch出力、マイクプリ "D-PRE" は2基搭載。DSP機能 "dspMixFx" も利用できる

— そして今回、UR シリーズ6番目の製品、UR242 が発表されました。この製品についておしえていただけますか。

赤羽根 お客様にいろいろと話を訊いてみると、出力は 2ch でいいけれど、入力は 4ch 欲しいという要望がかなりあったんですよ。それならばと開発したのが UR242 で、アナログ入力は全部で 4ch、そのうち 2ch に『D-PRE』を搭載、アナログ出力は 2ch と、UR22 と UR44 の中間的な仕様になっています。UR22 のようにバスパワーでは動作しませんが、DSP機能『dspMixFx』を搭載し、iPad でも使うことができます。また、注目してほしいのが、-26dB の PAD 機能を装備している点で、これにってより高感度なマイクを接続することも可能になっています。PAD 機能は UR44 には備わっていないので、この点に魅力を感じて UR242 を選択する人もいるかもしれませんね。4本のマイクを立てて録音したり、ライブ用途などでマルチアウトが必要なお客様は UR44、マイクの本数は2本で十分だけど高感度マイクを使いたいお客様は UR242 を選択していただければと思います。

— 各製品は、入出力のチャンネル数が違うだけではなく、仕様も微妙に異なるんですね。

赤羽根 そうですね。マイクプリアンプは全機種『D-PRE』で、入出力の仕様は UR28M だけが 24-bit / 96kHz 対応、それ以外の機種は 24-bit / 192kHz 対応となっています。DSP 機能『dspMixFx』は、バスパワーで動作する UR12 と UR22 以外の機種に搭載されており、また iPad 接続とループバック機能は UR22 以外の機種で利用することができます。UR22 は、2基の『D-PRE』と MIDI 入出力を搭載しつつ、バスパワーで動作するというのが大きな魅力ですね。コストパフォーマンスも大変優れていると思います。

自社開発の USB コントローラーと、専任チームが開発を手がける高性能ドライバーによって実現した鉄壁の安定性

UR242 のカバーを開けたところ。右側の中央に見えるのがヤマハオリジナルのチップ "SSP2"

— UR シリーズのコンセプトは、安定して動作し、高音質で、優れたコストパフォーマンスのオーディオインターフェースとのことですが、まずは一番目に挙げられた安定性についておしえてください。安定した動作を実現するために、UR シリーズではどのような工夫が凝らされているのでしょうか?

赤羽根 オーディオインターフェースを安定して動作させるためには、ハードウェア的には USB コントローラー、ソフトウェア的にはドライバー、この2つの完成度がとても重要になります。 まず、USB コントローラーについてですが、UR シリーズでは自社開発のチップを採用しています。ほとんどのオーディオインターフェースのメーカーは、汎用の USB コントローラーを採用しているんですが、他社製のチップでは内部の構造を完全には把握できないので、安定動作を実現するためにチューニングを施すにしても限界がある。また、安価に入手できるのはいいんですが、我々は製品を大量に生産するので、安定して供給を受けられるかという点でも不安が残ります。こういったことを踏まえると、少々大変でも USB コントローラーは自社で開発するしかないだろうとの結論に至りました。そして完成したのが、『SSP2』というヤマハオリジナルのチップで、このチップは USB コントローラー、DSP、全体を制御する CPU という3つの機能を内包しています。 そしてドライバーに関しては、Mac と Windows でそれぞれ専任のチームを組んで開発を行っています。その上で、ヤマハ社内と Steinberg のダブルチェック体制で、徹底的な動作テストを行っている。ですから、ドライバーの性能はどんどん向上していますし、今ではどのメーカーにも負けない鉄壁の安定性を実現できていると自負しています。 我々が100%内部を把握できるハードウェアと、専任チームの手による優れたソフトウェア、そして ASIO ドライバー規格の発案者である Steinberg との強固な協業体制。この3つによって、UR シリーズでは安定した動作を実現しているのです。

— 『SSP2』は、UR シリーズのために開発したチップなのですか?

赤羽根 そうです。以前の MR シリーズもヤマハオリジナルのチップを搭載していたんですが、それは DSP 機能に特化したチップで、FireWire コントローラーに関しては汎用のものを別に搭載していたんです。『SSP2』は、『dspMixFx』を動かすための DSP だけでなく、USB コントローラーや CPU が一体になっている点が大きな特徴ですね。本当に優れたチップなので、UR シリーズのために開発したものですが、最近ではヤマハの AV 製品や、ギターアンプ THR シリーズなどでも採用されています。

— Mac と Windows で専任のチームを組んで、ドライバーの開発を行っているというのは凄いですね。

赤羽根 ドライバーというのは、オーディオインターフェースの安定性を左右する、本当に重要なファクターなんです。ハードウェアの性能が良くても、ドライバーの出来が良くなければ、オーディオインターフェースとしては決して優れた製品とは言えません。 例えば、ASIO ドライバーのバッファーサイズは、誰もが短く設定して使いたいと思うんです。しかし短く設定した際に、CPU にはまだ余裕があっても、プツプツとノイズが発生してしまうことがあります。これは OS のレイヤーにある様々な仕組みが邪魔をしてしまうからなのですが、我々はその部分にまでチューニングを施すことで、ASIO バッファー以外の部分も最適化する仕組みを編み出したのです。これにより、短いバッファーサイズを設定したときでも、CPU 負荷ギリギリまで安定性を保つことができます。この仕組みは、バッファーサイズを逆に大きく設定した際にも有効で、CPU への負荷をさらに軽減できるようになっています。

甲賀 小売店のサイトのレビューなどで、"UR シリーズは バッファーサイズを短く設定しても、意外と大丈夫" という書き込みを見かけたことがありますが、それにはちゃんと秘密があるということです。実際に UR シリーズは、それほど高速でないコンピューターで短いバッファーサイズを設定しても、土俵際で踏ん張ってくれるというか(笑)、凄く粘ってくれますね。

— 以前、UR28M を愛用している SUI さんにインタビューしたときも、"UR シリーズは負担をかけても粘ってくれる" というようなことをおっしゃっていました。

赤羽根 加えて Steinberg は、ASIO という規格のオリジネーターなわけですから、彼らと密に情報共有ができているというのも大きいですね。例えば、Cubase 7 からドライバーレベルの新技術である ASIO Guard という機能が搭載されましたが、我々はいち早く ASIO Guard 下で安定動作するようにドライバーを調整することができました。これは共同開発の大きなメリットだと思います。先ほど言った "動作の粘り" に関しても、この調整を行ったことによって、さらに強くなっています。

原音忠実以上の "音の表現力" を追求した高性能マイクプリアンプ回路『D-PRE』

UR シリーズの音質面での鍵を握るマイクプリアンプ回路 "D-PRE"。一般的なマイクプリアンプ回路では、1チャンネルあたりトランジスタは2個使用されるが、D-PRE ではその倍となる4個のトランジスタを使用。この "インバーテッドダーリントン" と呼ばれる回路により、入力段で生じる歪みを極限まで抑制している

— 次に第二のコンセプト、音質についてお訊きします。UR シリーズに搭載されている『D-PRE』というマイクプリアンプは、そもそもどういう経緯で開発されたものなのでしょうか?

甲賀 ヤマハは "原音忠実" というポリシーのもとで製品開発を行っているんですが、オーディオインターフェースのような音楽制作ツールには、歌や楽器が持つ魅力や、演奏者の表現力を細部にわたって再現できるマイクプリアンプを搭載すべきなのではないか… と考えたのがスタートポイントですね。そして開発に着手し、完成したのが『D-PRE』なんです。 『D-PRE』は、n12 / n8 という音楽制作用の FireWire インターフェース内蔵デジタルミキサーに搭載されたのが最初で、その後 UR シリーズにも採用しました。音楽制作用途に主眼を置いたプリアンプという設計思想ですので、技術開発段階から次期オーディオインターフェースに搭載することを考えていました。

— ヤマハは、プロオーディオ機器の開発も手がけている会社ですが、そういった製品に搭載されているマイクプリアンプとは、サウンドの質が異なるのでしょうか?

甲賀 "原音忠実" というポリシーは同じです。声や楽器の細かな表現を忠実にとらえることを、さらに突き詰めたという感じでしょうか。音楽制作ツール向けに新たに開発したマイクプリアンプと言うと、音に特徴があるのではと誤解されてしまいそうですが、方向性としては真逆で、"原音忠実" というポリシーをさらに推し進めた回路が『D-PRE』なんです。

赤羽根 『D-PRE』のサウンドを豊かなサウンド、というか太めのサウンドとご評価いただくことがありますが、特定の帯域を上げ下げするような細工はしていないんです。録音された音が生々しく存在感のある粒で定位や位相も正確、上から下までフラットな特性なため、原音がもっている表現が損なわれない。その結果、お聴きになられた方の感想が、豊かだとか、太めだとかいう言葉になるのだろうと考えています。

— プロオーディオ製品に搭載されているマイクプリアンプとは、まったく異なる回路なのでしょうか?

赤羽根 開発チームは違うのですが、同じ開発部の中なので、回路設計に関する情報共有は行っています。ですから、『D-PRE』をはじめとする UR シリーズの回路設計には、ヤマハが長年蓄積してきたノウハウが活かされています。

ヤマハ株式会社 楽器・音響開発本部
PA開発統括部 第2開発部
MPP・システムグループ 甲賀 亮平

— 『D-PRE』とは一体どのような回路なのか、もう少し詳しくおしえてください。

甲賀 『D-PRE』では、インバーテッドダーリントンと呼ばれる回路を採用しています。インバーテッドダーリントンは、ダーリントン接続という回路設計技法を考案した、シドニー・ダーリントン(Sidney Darington)博士の名前から、そう呼ばれています。一般的なマイクプリアンプ回路では、1チャンネルあたりトランジスタを2個使って設計を行うんですが、インバーテッドダーリントン回路では通常の倍となる4個のトランジスタを使用することで、入力段で生じる歪みを極限まで抑え込んでいるんです。『D-PRE』では、このインバーテッドダーリントン回路をベースに、使用するトランジスタを吟味し、周辺回路のチューニングを徹底的に行うことで、さらに "原音忠実" なサウンドを目指したんです。

赤羽根 『D-PRE』の "D" は、インバーテッドダーリントンに由来しています。

— 入力段での歪みの抑制以外の特徴というと?

甲賀 歪みに強いということは、入力シグナルのレベル変化にも強いということで、また高域の伸びや位相特性も非常に優れていますね。これは贅沢な回路構成と丁寧な設計の賜物だと思っています。

赤羽根 ネットで、オーディオ愛好家の方が書いた "中を開けてみたのだが、あまりに回路が凝縮されていて、これは改造には向かない" というレビューを見かけたことがあります(笑)。実際、中は回路がぎっしり詰まっていますね。

— 『D-PRE』は本当に好評のようですね。以前インタビューした agraph さんは、"オーディオインターフェース部は要らないから『D-PRE』だけで売ってほしい" とおっしゃっていました。

赤羽根 なるほど(笑)。『D-PRE』単体で販売する予定は今のところありませんが、プロの方に評価されているというのは本当に嬉しいですね。気に入って愛用されている方々からは、“音の粒立ちがハッキリしている”、“音色をそのまま取り込める”といった感想をいただいています。

— 『D-PRE』以外で、音質面でこだわった部分というと?

甲賀 オーディオインターフェースで、マイクプリアンプと同じくらい重要なのが、ヘッドフォンアンプを含むモニター回路です。モニター回路に関してもマイクプリアンプと同様、目指したのは "原音忠実" なサウンドで、パッと聴きのイメージを良くするためだけのチューニングは一切施しておらず、DA コンバーターから出力された音をそのままモニターしていただける設計になっています。

ヘッドフォンアンプに関しては、バスパワーで動作する機種と外部電源が必要な機種で出力は異なるんですが、他社製品よりも大きな音量という点にはこだわっています。ライブなどでオーディオインターフェースを使用する際、ヘッドフォンアンプの出力が物足りないという話はよく耳にしますからね。

— AD / DA コンバーターに関しては?

甲賀 音質を左右する重要な部分なので、もちろんこだわっています。オーディオインターフェースは筐体サイズが小さいので、そこに搭載する回路や電源も小型化しなければなりません。従って AD / DA コンバーターに関しても、プロオーディオ製品の回路をそのまま流用するのではなく、オーディオインターフェース用に新たにデザインしています。ここでも "原音忠実" というポリシーは、しっかり守っています。

それとバスパワーで動作する製品は確かに便利なんですが、コンピューターから電源が供給されるわけですので、ノイズの問題に気を配る必要があります。従って「UR22」と「UR12」では、コンピューターから供給された電源が内部回路に悪影響を与えないように、ノイズを抑制する工夫はかなり凝らしています。

最近の音楽制作のワークフローに対応した DSP ミックス / エフェクト機能『dspMixFx』

DSP ミックス/エフェクト機能 "dspMixFx"。内蔵 DSP により、ニアゼロレーテンシーのモニタリングやコンピューターに負担をかけないミックス/エフェクトが可能

— 機能面についてもおしえてください。

江刺 ユーザーがオーディオインターフェースに求める機能を調査して、それらはすべて搭載しています。具体的にはダイレクトモニタリング、DSP によるミキサー / エフェクト、インターネット配信用のループバック機能などですね。ユーザーが求める機能をしっかり搭載し、実際にはほとんど使われないような機能は載せていません。

— ユーザーからは、DSP 機能の『dspMixFx』が非常に良く出来ているという話を聞きます。

江刺 そうですね。オーディオインターフェースの DSP 機能としては、かなり完成度が高いのではないかと自負しています。例えば、我々は "かけモニ" と呼んでいるんですけど、モニターだけにエフェクトをかけてドライに録音するということも可能になっています。ギターを録音する際、モニターにはアンプシミュレーターをかけるが、録りは生音という使い方ですね。レーテンシーを凄く気にされるギターリストの方でも、"かけモニ" であればレーテンシーフリーで演奏して、音色は後でプラグインを使っていくらでも変えることができます。 お客様に話をうかがうと、最近は皆さん楽曲制作の途中でどんどんレコーディングされるんです。作曲とレコーディングを同時進行でやってしまう。しかし最初に音色を決めて録音してしまうと、後でアレンジが変更になって音色を変えたい場合、もう一度録り直すしかありません。"かけモニ" なら、音色は後からいくらでも変えられますし、最近のそういうワークフローにマッチしています。

赤羽根 あとは Cubase / Nuendo との一体感も UR シリーズならではの特徴です。

ヤマハ株式会社 楽器・音響開発本部
PA開発統括部 第2開発部
MPP・システムグループ 主任 江刺 正人

江刺 UR シリーズの DSP 機能は、Cubase / Nuendo の Mix Console からシームレスに操作することが可能になっています。また、Cubase / Nuendo のモニターバスと UR シリーズのモニターバスは、内部構造がまったく同じなんです。その結果、Cubase のソフトウェアミキサーを操作しているようでも、実際に動作しているのは UR シリーズの DSP だったりする。従って Cubase / Nuendo ユーザーの方は、特に意識することなく、UR シリーズの DSP 機能をお使いいただくことができます。

赤羽根 もちろん他の DAW のユーザーの方は、『dspMixFx』を使用すれば、まったく同じ機能をお使いいただけます。

— 『dspMixFx』は、iPad 用アプリも提供されていますね。

赤羽根 Steinberg Cubasis をはじめとするオーディオ系アプリで UR シリーズを使用する場合、『dspMixFx』が無いと内蔵の DSP 機能の操作ができないので開発しました。iPad アプリ版『dspMixFx』は、App Store から無償でダウンロードしていただけます。

江刺 『dspMixFx』は、UR シリーズ全モデルでユーザーインターフェースが共通というのもポイントですね。これにより UR シリーズを買い替えても、以前の機種とまったく同じ感覚で使用することができます。

グローバル編成のデザインチームの手による、高級感のある2トーンデザイン

UR シリーズでは堅牢なスチール製筐体を採用。その質実剛健なデザインもユーザーからは高く評価されている

— 筐体のデザインについては、何かコンセプトはありましたか?

赤羽根 スタジオ機材然とした存在感と、自宅のコンピューターの傍らにもマッチするデザイン性、これらを併せ持つルックスを目指しました。デザインは社内のチームが手がけているのですが、最近はグローバルな編成になっていて、常時欧米からやって来たスタッフが在籍しています。最初の製品、UR824 と UR28M はドイツ人デザイナーが中心となってデザインを手がけ、それが好評だったので UR22 以降の製品もそのデザインを引き継ぎました。 UR シリーズは、シルバーとブラックの2トーンで、金属の板で包んだようなデザインになっているのが特徴です。写真では上手く伝わらないかもしれませんが、シルバーの部分の質感には凄くこだわっていますね。とある有名メーカー製コンピューターの質感というのはかなり意識しました。

— 筐体の材質は何ですか?

赤羽根 スチール製です。こういうコンパクトなオーディオインターフェースですと、自宅で使用するだけでなく、ライブや外部スタジオに持ち運ぶ人も多いと思うので、できるだけ頑丈な筐体にしました。特に北米では、頑丈な製品が好まれる傾向にあるんです。

— スチール製の筐体が音質に与える影響はありますか?

甲賀 良い方に作用していると思います。スチールは、外部からの電磁ノイズの影響を受けにくいですし、グラウンドもより強固になりますからね。

— UR シリーズは現在、UR22 を筆頭に世界的なヒット商品になっているという話を伺いました。その理由については、どのように考えていますか?

赤羽根 奇をてらわずに直球で、お客様が欲しいと思うオーディオインターフェースを提供してきたことが、ようやく評価されたのではないかと思っています。ドライバーの性能もどんどん向上していますし、製品の安定性や信頼性というのは口コミで広がったりしますから、頑張って続けてきたことがようやく評価されたのかなと。

甲賀 これだけの性能のマイクプリアンプを搭載して、192kHz 対応で、DSP も内蔵した廉価なオーディオインターフェースというのは他には無いんじゃないかと自負しています。ローレーテンシーでアンプシミュレーターも使えますしね。やはり『SSP2』というチップを自社で開発したのが大きかったと思っています。

赤羽根 それと Cubase AI も付属しますから、UR シリーズを購入いただければ音楽制作の環境が整うわけです。UR12 ならば、約1万円で曲づくりがスタートできる。ネットのレビューには、"こんなものが1万円で手に入るなんて本当に良い時代になった" という書き込みもあったりして、そういうのを見ると本当に嬉しくなりますね。

— ユーザーは、Cubase を使っている方が多いのですか?

赤羽根 いや、いろいろだと思います。Pro Tools、Logic、SONAR など、ある DAW に偏っているという傾向は無いですね。市場を調査してみると、最近は複数の DAW を使っているという人も少なくないんですよ。Cubase と Pro Toolsとか、Cubase と Ableton Live とか。

甲賀 UR シリーズがヒットした要因の一つとして、Pro Tools が Core Audio / ASIO に対応したことも挙げられますね。それと MIDI インターフェース機能をしっかり搭載している点も評価されているようです。

— 新製品 UR242 が発表されたばかりですが、次はどのような製品が登場するのでしょうか。

赤羽根 今は言えませんが、もちろん次の製品も考えています。ぜひご期待いただければと思います。

— 長時間のインタビュー、ありがとうございました!