Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

Steinberg Presents Sound Roster 2016.1.12, 1.19 放送回

【ゲストプロフィール】

キャラメルペッパーズ

http://caramelpeppers.com/
https://twitter.com/CaramelPeppers

  • PASSER(パッサー)/ 5月4日 横浜生まれ、横須賀育ち。A型。
  • RYO(リョウ)/ 5月8日 横浜生まれ、横浜育ち。A型。
  • YUICHI(ユウイチ)/ 10月8日 福岡県北九州市生まれ。O型。

PASSER、RYO、YUICHI からなる、3人組音楽ユニット。横浜・横須賀在住。作詞、作曲、アレンジ、レコーディングの全てを自らこなしている。ライブでのみ素顔を明かしているアーティストでありながら、YouTube 総再生回数は2500万回超え、CD トータルセールスも10万枚を突破。2013年リリースの 1st FULL & BEST アルバム『LOVE LOVE LOVE SONGS 4 & BEST!』では、オリコンインディーズアルバム週間ランキングで1位を獲得。歌詞から伝わる等身大の想いが、若い世代を中心に幅広い層から支持を得ている。

【放送中インタビュー内容】

- 今回はキャラメルペッパーズの三人に来ていただきました。よろしくお願いします。

[PASSER] はい、「キャラメルペッパーズ」のリーダー「PASSER」です。よろしくお願いしまーす。
[RYO] はい。そして「RYO」と申します。よろしくお願いします。
[YUICHI] はい、「YUICHI」です。よろしくお願いします。

- 普段、このラジオが放送されている時間(午前2時半)は何をしていますか?

[PASSER] 僕は、Twitter 担当なのですが、寝る前にみんなからのリプライ(Twitterの返事)を見るのが習慣になっています。「キャラメルペッパーズの曲でいつも元気貰ってます」とか、「キャラメルペッパーズは生きがいです」とか、僕らの音楽をお守りのようにしてくれているような嬉しいリプが多いので、それを見ながら幸せな気分で寝るのがいつもの習慣ですね。
[RYO] 僕は、この時間は大体寝るようにしてます。夜中に、ギターとか音出したりとかしてると、隣の人に壁ドンされちゃうんです。

(一同笑)

[YUICHI] 俺も、最近は大体寝てますね。既婚の身としては、旦那の仕事として、朝7時くらいとかにゴミを出すっていうのがあるんで、その前に寝てないとっていう。
[PASSER] 唯一メンバーで結婚してるのが、YUICHI くんです。

- 音楽に触れるようになったきっかけを教えて下さい。

[PASSER] 元々洋楽が好きで。音楽に触れたきっかけは、聴感上で聴く、歌とかも楽器と一緒に鳴ってるような感じで聞くのが好きで、洋楽からハマって、バンドを始めました。

- どのようなバンド活動をされていたんですか?

[PASSER] 今のキャラメルペッパーズの活動としては、歌詞をすごく重要視してます。
僕 PASSER と、YUICHI くんは、元々一緒にバンドやってたんですが、運命のように RYO と出会いまして。友達のライブを観に行った時に、RYO に出会って「あ、すごくいい声してるなぁ」と思って楽屋で話しかけたんです。たまたま地元も年齢も一緒で、意気投合して、すぐスタジオ入って。実は、RYO はその当時、「音楽をやめようかなぁ」みたいな時期だったんですけど、「やっぱ俺音楽やりたいかも」って RYO が言ってくれて。それがキャラメルペッパーズ結成の流れですね。
[RYO] 運命のような流れ。今現在活動しているのも二人のおかげだと思ってますし、感謝してます。
[PASSER] 僕らも、RYO の声があったからキャラメルペッパーズが活動できてると思ってます。お互い感謝しあいながら。
[RYO] うん、そうだね。

- 皆さんは楽器を演奏されたりするんですか?

[PASSER] そうですね、特に YUICHI くんは何でも。元々ドラマーなんですけど、ドラム、歌、ギター、ベース。全て。
[YUICHI] PASSER と一緒にバンドやってた時は、俺がドラムをやってたから。一人でバンドできちゃうみたいな。

- ライブはどのような編成なのでしょうか?

[PASSER] 基本的には DJ が居て、っていうスタイルです。ワンマンとか長い尺をもらえた時は、アコースティックとか、バンドスタイルで、僕らも実際にアコギを持って、YUICHI くんがカホン叩いてとか。
もちろん DJ の音から出る音も好きなんですけど、唯一バンド出身っていうのもあって、他のグループとの差を見せる事が、ギター持ってる姿とか。生ならではのスリル感というか、色んなスタイルでやってますね。

- 2月24日に発売するオリジナル1stアルバム、「キャラメルペッパーズ」についてお伺いします。このアルバムはどんなアルバムになってるんでしょうか?

[PASSER] 僕たちの一番得意としているラブソングを中心として、音楽的にすごく幅の広いアルバムです。今までチャレンジしてなかった、カントリー調の曲とか。あと僕、野球部だったんで、初めて野球に絞った曲も作ってみたりとか。
[RYO] サウンド的には、パンク的なロックだったりとか、あと、メタルもありますね。
[PASSER] BABYMETAL さんもびっくりな、ものすごい曲が入ってます。YUICHI パイセンが、プリン大好きで、ファンの方からプレゼントで、プリンをいっぱい頂くんです。それで、メタルのサウンドに合わせて、ひたすら「プリンプリンプリンプリン…!!」ってプリンを連呼するっていう。
[PASSER] 僕たち、真面目な歌詞の曲が多いイメージがあるので、ライブで、ただ「プリンプリンプリンプリン!!!!」って叫ぶような曲もあっても良いんじゃないかなって。

(一同笑)

- 今回のアルバムは、基本的にはどういった場所で収録しているんでしょうか?

[RYO] PASSER の自宅スタジオですね。
[PASSER] 作詞・作曲・アレンジを90%くらい終わらせてから2人に来てもらって、歌録りも僕がやります。僕もディレクションしますが、やっぱり本人が気持ちいいのが良いと思ってるので、ディレクションの判断はなるべく本人に任せます。3人でエンジニアもやってるみたいな感じですね。

- PASSER さんの自宅スタジオで使用している DAW ソフトを教えて下さい。

[PASSER] 最近、Cubase Pro 8 を購入しました。周りのアーティスト友達から、「作詞・作曲、特にアレンジまでやるんだったら、Cubase 早いよー」って言われて購入したんです。けど、締め切りが迫りつつあって、イチから覚えるのが無理かなと思って、今回は Pro Tools を使いました。次の作品からは使おうと思ってます。

- お薦めのプラグインのエフェクターなどはありますか?

[PASSER] プラグインも勿論あるんですけど、ミックスはエンジニアさんにお願いしていて、そのエンジニアさんから、「プラグイン刺す前に、実機をちゃんとしたものを用意した方が良い」って話があって。
ハードウェアのちゃんとしたものなんですけど、コンプが「1176」(urei/Universal Audio)。その前はマイクプリ、最近出た「Stinger」(Aurora Audio)ってやつなんです。それと Neumann の「TLM67」を使って、そこからプラグインを使います。プラグインは基本的に YUICHI くんがね。

[YUICHI] そうだね、好きなやつとか色々。僕、ドラマーなのもあって、Slate Digital のプラグインがすっごい好きなんです。あそこの社長さんがもともとドラマーで、生ドラムの音をトリガーするシステムもあったり。あと最近マスターで使ってる人結構多いと思うんですけど、FG-X だったりとか、あと Virtual Tape Machines とか、いわゆるアナログのテープをシミュレートしたようなプラグインだったりとか。
[PASSER] デジタルデジタルした感じを、最後に抑えたいっていうのも、やっぱりあるんだよね。
[YUICHI] 俺が作るトラックは、生楽器を、結構たくさん入れてるんです。どっちかっていうと、パッと聞きでトラックっていうより、バンドっぽくとれる印象のトラックだったりが多くて。

- ギターやドラムも演奏して収録しているのでしょうか?

[YUICHI] ギターは収録です。ドラムは、今はまだ打ち込んでます。ただ、この間 Yamaha の電子ドラムを買ったんです。Pro Tools に繋いで、BFD だったり、ドラムのソフトを MIDI で繋げられるらしいんで、自分の生のグルーヴを、今後取り込んでみようかなーって思って。
[PASSER] あと、キャラメルペッパーズの曲、ピアノが入ってるのが多いんですけど、最近は、Alicia's Keys がすごく良いなーと思って使ってます。実際サンプリングしたっていう、ピアノがすごいいい音で。今回のレコーディングに向けてちょっとピアノもっかい習おうかなーと思って、個人的にピアノ習いに行ったんですよ。
[YUICHI] あれ広がりと太さとすごいよねぇ。
[PASSER] 確かに生。ほんと生っぽい。

- RYOさんは、ギターを弾きながら歌うんですか?

[RYO] 基本的にはそうですね。なんとなく家でメロディ出しながら歌詞書きながら、「こんなのできたけど」って送って、それを「じゃあどうしていこうか」みたいな話をしながら。

- キャラメルペッパーズさんの「この先もずっとSONG」は RYO さんの楽曲だとお聞きしました。どんな時に歌詞が生まれますか?

[RYO] あの曲は、なんとなく弾いてて、メロディと言葉が同時に出てきたっていうか、歌詞がどんどん自然に出てきたって感じです。
[PASSER] 個人的には RYO が作ってきた曲で、最初のデモの段階から一番響いたというか。キャラメルペッパーズって、どっちかっていうと、ストレートな歌詞ってイメージが強いと思うんですけど、RYO が書く歌詞って、色んな描写や風景だったりとか、余白があるのが特徴なんですよ。

- なるほど。

[PASSER] そこを最大限に活かそうと思って、RYO が書いた歌詞を、あえて変えずにそのまま使った初めての曲だね。
[RYO] そうですね。あれは頭からケツまで全部自分で書いてます。普段の他の曲とかは、それぞれのバースのとこは、それぞれで書いて、みたいな感じなんですけど。あれはもう全部書ききっちゃって、二人に歌ってもらったって感じですね。

- そうなんですね。基本的には、それぞれのバースはそれぞれの方が書かれているのですね。

[RYO] そうですね。基本的には。
[PASSER] 僕が作る曲は、内容とかも大体決まっていて、それを二人に伝えます。それで、二人が期待に応える歌詞を書いてきてくれるんです。

- 三人ともすごい音楽を作られますが、誰がイニシアチブを取るとかはありますか?

[PASSER] 基本的にはないですね。それぞれをリスペクトしていて、それぞれが、ソロでもできるくらいのスキルがあるから、認め合ってるっていうのがあるかもしれないっすね。

- 三人だから生まれるものってことなんですね。

[PASSER] そうですね。

- ありがとうございます。では、今後のお知らせなどありましたら、お願いします。

[PASSER] はい。全曲オリジナルの 1st フルアルバムが発売されます。タイトルはセルフタイトルで、「キャラメルペッパーズ」です。14曲も入っていて、お値段、なんと1,980円です。頑張りました。
[RYO] あーら、2,000円きっちゃいましたね(笑)。

(一同笑)

[PASSER] 三人でレコーディングして、経費削減というか。ただ、間違いなく最高の音で、曲も最高の14曲が入っています。

- 素晴らしいです。みなさん聴いてくださいということですね。

[PASSER] はい。

- それでは最後に、音楽業界の未来を背負って立つ未来のミュージシャンに、アドバイスがありましたらお願いします。

[YUICHI] やってみたいなと思ったら、まず色々触れてみることが大事かなと思います。興味が出た楽器や、DTM など、まずは何でも触っていくと、自分に何ができるかが見えてくると思うので、ぜひ諦めずに頑張ってください。

- ありがとうございました。

【織田's クエスチョン】

- YUICHI さんにお伺いしたいと思います。『お母さんとかが「スマホよくわからないのよ~」って言いながら、メールタイトル欄に本文を必死に入力して送信したりするような、おっちょこちょいなところにキュンとするタイプ』という風に書いてあったんですけど、最近キュンキュンした出来事はありますか?

[YUICHI] あはははは。すごいとこ引っ張ってきましたね(笑)。
[PASSER] [RYO] どっからの情報それ(笑)?
[YUICHI] 俺も知らない(笑)。Twitter で書いたのかなぁ?

(一同笑)

[YUICHI] キュンキュンすることかぁ~。今一番キュンキュンすることは~…。うちの奥さん、なんかすごい変な夢見るんですよ。こないだは、なんかすごい大木に俺が跨ってて、舌をペロペロ出しながら木の蜜を吸ってたっていう。

(一同爆笑)

[YUICHI] 僕が、寝起きで頭ぼーっとしてる時に、「えー、えー!?」って言いながら起きてきて、「どうした?」って言ったら、「なんかゆーちゃんが今、木の蜜をすっごいペロペロしてたよ、ペロペロペロペロしてたよ、ペロペロペロペロしてたよ」とか言って。

(一同笑)

[YUICHI] 眠気まなこで、ずっとブツブツ言ってるんですけど。その時にキュンキュンと(笑)。
[PASSER] 俺と RYO も、よく YUICHI くんのご自宅にお邪魔するんだけど、7年お付き合いして結婚したとは思えないくらいラブラブです。
[YUICI] まぁ、仲いいんですよね。

- うらやましいですね。秘訣とかってあるんですか?

[RYO] なんか、二人で話してる時の口調が優しいんです。もう理想なんです、理想。
[YUICHI] そっかぁ。でもやっぱそうですね、うーーん。奥さんにキュンキュンしますよ。今も。

- そこがポイントなんですね。

[RYO] そうそうそう。
[YUICIH] なんていうんですかね、女の人って見た目がどうとか、そういうんじゃないんですよね。
なんかその、瞬間瞬間でキュンキュンするポイントいっぱいあるじゃないですか。幸せだなぁと思う瞬間とか。
[RYO] 二人の会話を聞いていると、二人ともすごく思いやりがあるんだよね。
[YUICHI] 気を許し合えるっていうのも大切だし、でも気を使いあえるっていうのも大切だと思うんですよ。その夫婦生活というか、その一緒に長く暮らしていくじゃないですか。だから、そこで気を使えなくなったら、多分終わるんだろうなと思う。

- お互いができてるってすごいですね。

[RYO] そう、それがすごく自然なんだよね。普段からそうなんだろうなって言うのが、本当に分かる。もうね、落ち着く。
[PASSER] RYO さん、行き過ぎちゃってて、ほとんど家かなっていう。
[YUICHI] 俺が「TV 見た?あれ予約したよ」って言ったら、「じゃそれ観に行こう」とか言って。

(一同笑)

- もう4人で住んじゃったほうが良いですね。

[PASSER] そうですね。
[RYO] テラスハウス化して。
[PASSER] シェアハウスみたいな感じですね。
[RYO] そうですね、はい。

【織田's クエスチョン 2】

- PASSERさんにお伺いしたいと思います。焦らしプレイが超大好きなドSな PASSER さんは、コスプレが好きだという事ですが、相手に着てもらうのが好きなんですか?

[PASSER] えぇー??どこで調べたんすか?
[RYO] おっと大丈夫か?
[YUICHI] 緒田さんが暴走してきた。
[PASSER] ちょっとこれ放送できるかわかんないすけど、まぁ例えば、ナースさんとか。
[RYO] さんを付ける?
[PASSER] まぁそうですね、ナースさん(笑)。今は、看護師さんですか?ドンキホーテさんとかで売ってるじゃないいですか。そこで、僕、台本を作っちゃうんですよね。

- ストーリーを?

[PASSER] はい。僕ら、3人とも共通して一途っていうところなんですけど…。
なんでそれを着て、それをやるかっていうと、例えば3年とか4年とかお付き合いして、同じ人と営みを続けていくにあたって、女性からしてもドキっとした「なんかいつもと違うぞ」っていうのが欲しいじゃないですか。きっと。

- 大変いい彼女ですね。

[YUICHI] まぁ大人のままごとみたいな感じ?

(一同笑)