Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

Nuendo 8.3 - Ambisonics 機能 基本セッティングガイド

準備

ヘッドフォン端子を搭載したオーディオインターフェース、およびヘッドフォンをご用意ください。

Nuendo の設定手順

  1. オーディオコネクションの出力に Ambisonics バスを作成する
  2. Ambisonics バスを Main Mix に設定する
  3. Control Room に Headphone バスを作成する
  4. Headphone バスにオーディオインターフェースの出力ポートを設定する
  5. オーディオトラックの出力を Ambisonics バスにルーティングする
  6. VST MultiPanner を使用し、パンニングされた音声がモニターできることを確認する

以下、手順の詳細をご案内します。


1. オーディオコネクションの出力に Ambisonics バスを作成する


出力タブの「バスを追加」をクリックし、「3rd Order Ambisonics」バスを選択し追加します。

作成した「3rd Order Ambisonics」バスのデバイスポートは未接続のままにします。

2. Ambisonics バスを Main Mix に設定する


「3rd Order Ambisonics Out」の文字の上で右クリックをすると、上記メニューが表示されます。

メニューの中から、「"3rd Order Ambisonics" を Main Mix に設定」を選択します。

バス名の横に Main Mix 設定であるというスピーカーマークが表示されます。

3. Control Room に Headphone バスを作成する


オーディオコネクションの Control Room タブを選択し、「Control Room」機能をオンにします。

4. Headphone バスにオーディオインターフェースの出力ポートを設定する


「チャンネルを追加」をクリックし、「Headphone を追加」を選択します。


作成された「Phones」バスのデバイスポートにオーディオインターフェースの出力を設定します。

お使いのオーディオインターフェースのヘッドフォン端子から音声が出力されるよう、ポートを選択します。

5. オーディオトラックの出力を Ambisonics バスにルーティングする


新規にオーディオトラックを追加し、その出力先に「3rd Order Ambisonics Out」を選択します。トラックの構成は Mono や Stereo のほか Quadro や 5.1ch、7.1ch を選択することが可能です。

新規にオーディオトラックを作成する代わりに、既存の音声ファイルを読み込み、作成されたオーディオトラックの出力を 「3rd Order Ambisonics Out」に設定することができます。

6. VST MultiPanner を使用し、パンニングされた音声がモニターできることを確認する


「Inspector」の「フェーダー」を選択し、パンナー表示をダブルクリックすると「VST MultiPanner」ウィンドウが開きます。

図の赤丸の「>」マークをクリックすることで、垂直方向のパンニングができる画面が表示されます。


黄色や赤色の点が音声のパンニング位置を表します。

ドラッグや下部のつまみを操作することで、音声のパンニングを操作することが可能です。