Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

WaveLab 9.5 の新機能

マスタリング、編集の精度とワークフローを一段と高める機能を満載した最新版 WaveLab の誕生。

WaveLab が誇るスペクトラムエディターの刷新、画期的なオーディオ修復テクノロジー、新たなレストレーションプラグインスイート、DDP Player の付属など、オーディオ編集の最先端がここにあります。

マスタリングスタジオやサウンドクリエイターの日々の業務に、音楽制作やポストプロダクション用 DAW の補完に、すべてのデジタルオーディオユーザーに捧げます。

  • スペクトログラム: カスタム表示、カラープリセット、心理音響スケールなど充実した表示設定
  • ウェーブレットディスプレイ: オーディオファイルが含む音楽要素をより正確に表示
  • スペクトラムエディター: スペクトログラム表示においてさらに高度な編集を可能にする新しいツールセット
  • オーディオ修復テクノロジー: 部分的に欠損のあるオーディオ素材を、該当箇所周囲のスペクトラル情報を用いて補完する技術
  • エラー修正タブ: クリックやエラーなどの検出 / 修復をより素早く実現
  • RestoreRig プラグインスイート: DeClicker/DePopper/DeCrackler、DeNoiser、DeBuzzer を統合
  • ライブスペクトログラム: 録音 / 再生中にスペクトログラムをリアルタイム表示
  • プラグイン: MasterRig の強化、ダイナミクスエフェクトの GUI 更新と新アルゴリズム、新しい一括処理モジュール
  • Apple Touch Bar 対応: 好みの処理や機能に指先でアクセス
  • DDP Player 付属: マスター DDP ファイルを顧客が簡単に確認可能
  • その他の改良: 高解像度ディスプレイ対応、検閲ビープ音生成、ギャップレス MP3 レンダリング、iXML トラック名対応

充実したスペクトラル編集機能

スペクトログラムの刷新

WaveLab ならではのスペクトラム表示/編集機能が、ver.9.5 では一段と進化しました。まず周波数帯域分布を時間軸ごとに表示するスペクトログラムが徹底的に見直され、視認性、操作性、表示速度が大きく向上。カスタマイズ可能なビュー、プリセット付きカラースキーム、心理音響スケールなど機能も充実し、目的の周波数帯域を素早く見つけて編集することができます。

ProElements

新しいウェーブレット表示

WaveLab Pro 9.5 ではオーディオファイルに含まれる音楽的なピッチの変動を解析し、音楽的要素をより正確に視覚化できるウェーブレット表示を新搭載しました。ウェーブレットはすべての周波数帯域からエネルギー分布をダイナミックに表し、高い周波数帯域ではより高い時間軸分解能を、低い周波数帯域ではより高い周波数分解能を示します。スペクトログラムと同様ウェーブレットも高度にカスタマイズでき、プリセットの保存も可能です。

Pro

先端を行くスペクトラムエディター

WaveLab Pro 9.5 では、刷新された豊富なスペクトラム編集機能にいつでも素早くアクセスできるよう、従来の「スペクトラムエディター」ツールウィンドウに代わって専用の「スペクトラム」タブを搭載しました。

スペクトラムタブではこれまでの標準の長方形選択ツールに加えて、範囲を自由な形で選択できる「なげなわ」、選択箇所を描ける「ブラシ」、周囲の同様のレベルを持ったスペクトラム内容を自動分析して選択できる「自動選択」など、多くの選択ツールオプションが追加されました。自動選択ツールでは選択箇所の基音に対する1つまたは複数の高調波倍音域を選択することも可能です。

さらに、選択ツールが増えただけでなく、スペクトログラムにテキストや画像などのウォーターマークを追加する機能や、ハイレベルなオーディオエンジニアリングのためのファインチューン機能なども完備しています。

Pro

オーディオ修復

画像編集ソフトウェアの世界で「インペインティング」「コンテンツに応じる」などと呼ばれる補完修復技術をご存知でしょうか?

WaveLab Pro 9.5 はこれを、オーディオの世界で実現します。

Audio Inpainting は Steinberg の特許出願中のテクノロジーであり、音源に含まれる不要なノイズをこれまでになく的確かつ簡単に除去し、またドロップアウト等で欠落してしまった部分を、周辺のスペクトラム情報の解析によって論理的に再現できる技術です。

最適な結果を得るために、解像度や精度のアルゴリズム、元のスペクトラムの再現性、参照する周辺箇所の範囲などを、「周囲のリージョンを表示」オプションにて詳細に設定することができます。

Pro

エラー修正機能のリニューアル

オーディオ素材に含まれるクリックやエラーなどの検出から修正までのプロセスをより高速化するために、これまで「エラーの修正」ツールウィンドウに搭載されていたエラー修正機能を「修正」タブに変更し、再設計しました。

また、エラー修正機能にもオーディオ修復アルゴリズムを搭載したことにより、必ずしも高度なスペクトラム編集を行わずとも、効果的なエラー除去が可能です。

Pro

RestoreRig

WaveLab 9.5 は、旧バージョンでの Sonnox 製レストレーション(整音)用プラグイン3種に変わり、新しいアルゴリズムとモダンなインターフェースを備えた Steinberg オリジナルのプラグインスイート RestoreRig を新搭載しました。

RestoreRig は DeNoiser、DeBuzzer、DeClicker (DePopper / DeCrackler 機能も含む) の3モジュールをシングルインターフェースに統合。ゲイン、レベル、スペクトロメーターの装備により正確かつ柔軟性に富んだ整音を可能にし、不要なノイズをリアルタイムに検出し取り除くことができます。

また、それぞれのモジュールは独立したノイズリスニングモードを搭載し、除去されるノイズ成分だけをモニターすることも可能です。

ProElements

強化されたプラグイン

MasterRig の改良

WaveLab Pro 9 で搭載された強力なマスタリングツール MasterRig が、ver.9.5 ではさらに進化しました。

  • Limiter モジュールの Maximizer に Modern モードアルゴリズムと Mix ノブを追加
  • Equalizer モジュールの最初と最後の EQ バンドに 6 dB/oct と 96 dB/oct のカットスロープ、また各バンドに独立したリニアフェーズモードを追加

ProElements (一部機能)

Tube Compressor

温かみあるサウンドの Tube Compressor がデザイン一新。スタイリッシュな GUI は音質と相まって視覚的にもインスピレーションを与えてくれるでしょう。もちろんルックスだけではなく、中身も強化されています。Character ノブは低域の基音を飽和させずに高調波倍音を加え、サウンドの輪郭と輝きを増すことができます。

ProElements

Vintage Compressor mkIII

Vintage Compressor も、よりアナログ感を増した GUI によってテンションを上げてくれます。また新たな Mix ノブは、コンプレッサー適用 / 非適用のシグナルバランスをコントロールできます。これにより1つのパラメーターでパラレルコンプレッションを得ることが可能です。

ProElements

その他のプラグイン

  • Maximizer : 外観に加えてアルゴリズムも一新。MasterRig 同様、透明感とブライトさを維持したまま豊かなサウンドに仕上げることができる Modern モードと Mix ノブを追加しました。
  • AutoPan: シェイプ、ランダムモード、パン設定など、さまざまな設定に新しい GUI から素早くアクセス可能。音像をよりクリエイティブに空間移動できます。
  • Cubase / Nuendo のプラグインと同様に、WaveLab のプラグインも随時更新されています。Brickwall Limiter / Compressor / Expander / Gate / Envelope Shaper などダイナミクスプラグインはすべて GUI を一新しました。

ProElements (partly)

一括処理プラグイン

大量のオーディオファイルを扱うサウンドデザイナー、サウンドライブラリークリエイターにとっても WaveLab 9.5 は頼もしいツールです。ワークフローの更なる高速化のため、2つの新しい一括処理プラグインを追加しました。

  • Audio Mixer : オーディオファイルに一定間隔でビープ音やウォーターマークなどを書き込む処理が可能。たとえばデモ版オーディオ素材の作成の際、非常に便利です。
  • Startup Bypasser: エフェクトチェーンの次のプラグインの処理開始を遅らせることで、たとえばドラムサンプルのアタックやトランジェントが一括処理によって損なわれることを防ぐことができます。

Pro

その他の改良

ライブスペクトログラム

WaveLab Pro 9.5 の洗練されたスペクトラル機能の極み、スペクトグラムメーターでは、オーディオファイルの再生中にリアルタイムで周波数スペクトラムの遷移を表示することができます。

リアルタイムプラグインエフェクトを適用した場合は、エフェクトによる影響をスペクトログラムで即座に視認することができます。もちろんエフェクトパラメーターの変更による影響も動的に反映します。

メーターセクションにこのメーターが追加されたことにより、リアルタイム処理を行う際にファイルの全周波数帯域を効率良く確認することができます。また、録音中のオーディオの周波数成分のモニタリングにも役立ちます。

Pro

高解像度 DPI 対応

WaveLab 9.5 は、Steinberg アプリケーションとしてはじめて高解像度ディスプレイに対応しました(現時点ではプラグインを除きます)。詳しい情報は追って公開いたします。

ProElements

Apple Touch Bar 対応

Apple MacBook に搭載される Touch Bar に対応しました。Touch Bar にさまざまなツールや動作を割り当て、指先で瞬時にアクセスすることができます。

ProElements

ワークフローの向上

ユーザーからのリクエストにお応えし、WaveLab 9.5 では作業効率を向上させるための多くの新機能と改良を盛り込みました。

改良点

  • メーター: マスターセクション内のエフェクトチェーンのどの位置にも入力ポイントを指定可能
  • レンダリング: 設定をプリセットとして保存
  • クリップゲイン: エフェクトチェーンの前後どちらにも適用可能。ダイナミクスやサチュレーション系エフェクトをクリップにより効果的に適用
  • メタノーマライザー: クリップエフェクトの前後どちらでもクリップゲインを解析可能。これによりラウドネスノーマライズをクリップエフェクトによるゲイン変更前に適用可能
  • マスターセクションのバイパス: 再生処理セクションをバイパスしない設定に。ルームの音場補正プラグイン使用時に有用
  • キューシートの読み込み: 44.1 kHz に限らずすべてのサンプリングレートに対応
  • マウスとカーソル位置のオフセットタイムを情報ラインに表示

ProElements (partly)

追加機能

  • マスターセクションプリセットの自動保存: レンダリングオプション
  • フォルダ名の変数指定: 保存メニューと命名スキームに追加
  • ギャップレス MP3 対応: 元の PCM ファイルの長さに適応した MP3 ファイルの作成。たとえばオーディオループを MP3 フォーマットで作成する際などに有用
  • MP3 VBR ヘッダー対応: インデックスヘッダーを含めることが可能
  • 規制音生成: インタビューで収録された放送禁止用語にかぶせる、などの用途
  • メタデータ読み込みと再マッピング: iXML トラック名対応
  • 有効なヘッダーを持たないraw ファイルの読み込み時にサンプリングレートを再解釈して付加する一括処理オプション
  • 新しいスクリプト機能
  • オーディオファイル比較機能の強化
  • (Mac) レンダリング時に特殊な文字を削除してネーミング
  • キーボードショートカットの追加

ProElements (partly)

DDP Player

WaveLab Pro 9.5 と共に、簡単な操作で DDP ファイルを再生できる DDP Player が誕生しました。マスタリングエンジニアにとっては、完成したマスターディスクの DDP ファイルをクライアントにどうやって聴いてもらうかは常に悩みの種でしたが、DDP Player がこれを解決します。

WaveLab Pro 9.5 ユーザーのために Steinberg が開発した DDP Player は、WaveLab Pro 9.5 インストーラーとは別のインストーラーとして用意されています。DDP Player はライセンスなしで動作するため、エンジニアが顧客にファイルと DDP Player を送って試聴してもらうことで、顧客もより安心してファイルを CD プレス工場に送ることができます。

Pro