Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

マスタリングとは?

ミュージシャンや自宅スタジオを持った人には、きっとこんな経験があることでしょう。

  • レコーディングやミックスに多くの時間をかけて曲が完成し、ファイナルミックスが出来たというのに、市販の CD や音源と比べると音量も小さく、パンチも無く、野暮ったい音がする…
  • モニター環境ではミックスに満足していたのに、居間のオーディオやカーステレオ、ポータブルプレーヤーではバランスがおかしい…
  • お気に入りのバンドの新曲はラジオから素晴らしい音で流れてくるのに、自分の曲はそうでもない…

理由は何故でしょう? この答えが「マスタリング」なのです。

マスタリングはあなたの作り上げた曲に、プロフェッショナルな仕上げを施す最終工程です。マスタリングによりトラックの音響特性を磨き、市場基準にまで高めることができます。マスタリングが完了した音源は、キッチンのラジオでも、カーステレオでも、クラブのフロアやヘッドフォンの中でもバランスが良く、クリアーで魅力的に聴こえる筈です。

マスタリングエンジニアは通常、プロデューサーやミキシングエンジニアから渡されたステレオミックスの音源に作業を施していきます。音質を高めるということ以外にも、マスタリングにはトラックをアルバム順に並べてそろえたり CD のプレスに備えたプリマスターを作成する、という重要な役割があります。

デジタルマスタリング

アナログの時代には、マスタリングはプロフェッショナルスタジオでしかできない作業でした。マスタリングに使用するエフェクトプロセッサーは単体でも車が買えるほど高価で、それをいくつも使って行うマスタリングは宝物を扱うような作業でした。レコード契約のないミュージシャンは自分の曲のマスタリングバージョンなど、望むべくもなかったのです。しかしコンピューターテクノロジーのおかげで、状況は大きく変わりました。今日では業界標準のマスタリングも Steinberg のネイティブマスタリングシステム - WaveLab と、Mac や PC、そしてハイクオリティのモニタースピーカーがあれば行えるのです。

ラウドネス

マスタリングで最も重要なステップはトラックの音量を稼ぐことでしょう。ラウドネスとは、リスナー個人が感じ取るオーディオ信号の大きさです。特に商業音楽ではラウドネスを大きく取ることは非常に重要です。TV やラジオでは様々な曲が並列して流されるため、ボリュームの小さい曲はそれだけで他の曲に比べて聴き取りにくく、不利になるからです。

ラウドネスレベルを上げるには(マルチバンド)コンプレッサーやリミッターなどのダイナミクスプロセッサーを使用します。これらは音楽のレベルを底上げし、ダイナミックレンジを圧縮するかわりに全体の音量を上げることができます。

CD 制作

一つのアーティストのアルバムであれ、複数のアーティストのコンピレーションであれ、CD には単なる曲の寄せ集めではない統一感を持ったキャラクターを求められます。マスタリング工程では、それぞれの曲に解析、EQ、ダイナミクスプロセス、その他の調整をすることで曲同士の調和をも生み出していきます。そしてオーディオモンタージュを通して、トラックは正しい順番、曲間、フェード設定がなされます。最後の仕上げはプレス工場に持ち込むための Redbook 準拠プリマスター CD-R や、DDP データの作成です。


周波数解析とステレオイメージ

マスタリングではまた、業界基準に合った周波数特性の調整もなされます。EQ はいいサウンドを生み出す鍵です。もしブーミーすぎるならば低域をカットし、不要なノイズがあるならば狭い帯域のノッチフィルターをかけて除去する、など、多くの手段を用います。解析ツールによって音響特性の視覚情報を得ることで、周波数特性の最適化作業はより楽になります。また、似たジャンルの市販音源と比較することも、自作の音源に何が足りないのか発見するための良いヒントになります。
同じ事はステレオ音像にもいえます。マスタリングエンジニアは、異なるリスニング環境でも一定のステレオ音像を得られるように、またモノラルにした時に不自然にならないように、細心の注意を払います。

マスタリングの限界

最後にひとこと…マスタリングは魔法ではありません。あなたのミックスダウンに深みやパンチ、明瞭さ、ボリュームを与え、全体のクオリティを上げることはできますが、もともと良くないミックスを最高のスタジオで仕上げたプロダクションのように変えることはできません。こんなときにはミックスをやり直した方が良い結果を生むでしょう。

音楽制作にはどんな段階でも細心の注意と手間が必要です。これを心がけておけば、そして経験を積めば、あなたもきっといいサウンドを生み出すことができるでしょう。