Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

WaveLab 7.2 は定評あるマスタリング / オーディオ編集ソフトウェア WaveLab 7 の最新アップデートバージョンです。
Mac / Windows 64bit ネイティブ対応、Steinberg のハードウェア CMC シリーズ、CI シリーズ、CC121 をはじめとする MIDI デバイスからのリモートコントロール、また SoundCloud へのアップロード機能、最新の Dirac タイムストレッチアルゴリズムなど、さまざまな新機能と改良を盛り込みました。
すべての登録ユーザーの皆様に対し、無償アップデートにて提供しています。

リモートコントロール対応

WaveLab 7.2 シリーズは Steinberg ハードウェア CMC シリーズ、CI シリーズそして CC121 からのリモートコントロールに対応しました。波形の拡大縮小やスクラブ、プラグインのパラメーター調整など、さまざまな操作をより早く、便利に行えます。また、Steinberg ハードウェアの AI Knob への対応により、マウスでポイントしたさまざまなパラメーターに対してノブの操作で編集を行うこともできます。

MIDI ラーン機能を搭載した WaveLab 7.2 では、最大3台までの MIDI コントロールデバイスを接続して任意のパラメーターをデバイスのボタンやノブ、スライダーに割り当てることも可能です。*

詳しくはこちら

64bit ネイティブ対応

Mac OS X、Windows 7 の 64bit 環境にネイティブ対応しました。より多くのオーディオファイルの同時編集、大量のバッチプロセス(一括処理)、素材の分析や整音など、64bit 対応によりさまざまな動作が高速化します。また Sonnox レストレーションプラグインをはじめとする搭載 VST 3 プラグインも 64bit 対応しました。

SoundCloud 対応

完成した音源を、すぐに世界中の人々と共有 — WaveLab 7.2 シリーズでは、あなた自身の曲(オーディオファイル)を保存した後、SoundCloud サイトにファイルメニューから直接アクセスし、公開するといった一連の動作を数回のクリックで簡単に行えます。

プロが選ぶタイムストレッチ&ピッチシフトアルゴリズム

最新の Dirac 3.5 アルゴリズムを搭載。タイムストレッチ/ピッチシフト処理後の音質がさらに向上しました。

最適なレイアウトでセッション開始

WaveLab 起動時のスタートアップ画面をアップデート。ユーザーカスタマイズしたレイアウトやプリセットなど、あなたのワークスタイルに合わせた最適なレイアウトでセッションを開始できます。**

DDP ファイルを用いたワークフローの強化

WaveLab 7.2 では新しく作成した DDP ファイルを直接オーディオモンタージュワークスペースに読み込み、微調整を行うことができます。また DDP ファイルを読み込み時のクリップやマーカーの名称も最適化。さらに、DDP ファイルのチェックサム照合機能により、より高いクオリティでの DDP 納品を約束します。**

マーカー管理

フローティングマーカーウインドウを新装備。WaveLab での作業にとって常に重要なマーカー作成 / 名称変更 / 管理などの作業を効率化できます。

マウスホイールでのフェーダー調整

マウスホイールを用いてフェーダーの値を変更可能になりました。また Shift キーと合わせて微調整、Alt / Option キーと合わせて粗調整が可能です。

コピーを保存

「名前を付けて保存」ダイアログに「コピーを保存」オプションを追加。オリジナルのオーディオファイルやモンタージュを維持したまま、さまざまなバージョンを保存できます。

CD 作成関連機能

CD ウィザードにマーカーのネーミングオプション、CD レポートダイアログにはレポートテキスト作成機能、そして CD ツールウインドウには合計時間表示機能を追加しました。*

Windows スクリプティング

WaveLab 内部でのスクリプティング機能に加え、Windows スクリプティングにより、外部アプリケーションから WaveLab をコントロールすることが可能になりました。**
(Windows OS のみ)


* WaveLab Elements 7 では機能に制限があります。
** 上位グレード WaveLab 7.2 のみの機能です。