Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

上の日本語字幕ムービー (1~4: Flash) では、主に上位グレード WaveLab 7 について紹介しています。WaveLab Elements 7 との違いについては比較表ページをご覧ください。

バージョン7へようこそ

トッププロフェッショナルに支持され続けるマスタリングアプリケーション WaveLab は、1995年の登場以来「最高のマスタリング、エディット、レストレーション環境」を提供するために進化を続けてきました。GUI の一新、Sonnox レストレーションツール搭載、そして待望の Mac 対応と充実した最新バージョン WaveLab 7 は、CD/DVD マスタリングから、古いレコードコレクションのデジタル化、ポッドキャストまで、幅広いニーズに余裕を持って応えます。

Mac / Windows クロスプラットフォーム

WaveLab 7 は Windows だけでなく、Mac OS X Snow Leopard にも対応。プロクオリティのマスタリングソリューションを Mac ユーザーにも提供します。また、WaveLab の Mac 対応により、Steinberg すべての製品のクロスプラットフォーム化がついに完成しました。

新しいコンセプトによる自在なワークフロー

ワークスペース

新しい編集ウィンドウコンセプトによる4つの「ワークスペース」はシンプルかつ強力なワークフローを提示します。

オーディオ編集、マスタリング、バッチ処理、ポッドキャスト作成という作業目的別に、専用ツールを配置し、作業を効率化。ワークスペース内の編集ウィンドウはタブ切り替え表示に対応しているほか、ドッキング機能により他のウィンドウの表示領域を自動で調整しながら自由に配置できます。レイアウトの保存/読み込みにも対応。

この極めて自由度の高いウィンドウレイアウトにより、WaveLab 7 は個人ユースから大規模スタジオ環境までジャストフィットします。

オーディオファイル

オーディオファイルに対しサンプル単位での編集やデータ解析を行うためのワークスペースです。レストレーションツールも充実しており、オーディオデータをスペクトラム表示するスペクトラムエディター* ではピンポイントでノイズを除去することができます。

一括処理セット W7

大量のオーディオファイルに対する編集やフォーマット、ファイル名の変換作業などをコマンドひとつで自動処理し、膨大な時間と労力を省いてくれます。VST3 プラグインの適用、DC オフセットなどの処理、ディザリング、レベル調整など、求める内容や処理順序を自在にアレンジ可。出力パス、15種類以上の出力フォーマット、サンプルレート、ビット解像度、そして外部機器を統合した処理など、オプション設定も多彩です。また、マルチコア CPU に対し、どれだけのコアをバッチ処理に割り当てるかも設定可能です。

* WaveLab Elements 7 ではフォーマット、サンプルレート、ビット解像度等、出力形式の変換のみ可能

オーディオモンタージュ

アルバムとしての最終仕上げができるワークスペースです。オーディオ CD や DVD-Audio* が作成でき、DDP フォーマットの読み/書きにも対応*。複数のオーディオをクリップ化しマルチトラック上で自由に配置して、フェードイン/フェードアウト、クロスフェードなどの編集が行え、各クリップ、各トラック* にエフェクトをかけることができます。

Podcast

Podcast 配信用のワークスペースです。FTP クライアントを搭載し、エピソードの作成から配信まで WaveLab 内で完結することができます。テンプレートにより新しいエピソードを素早く作成することができ、また iTunes 用オプションでカテゴリーやキーワードなどを設定することで、iTunes ユーザー向けの配信が簡単に行えます。

コントロールウインドウ W7

専用ウィンドウ内に VU メーターやスペクトロスコープ、フェーズスコープなど多彩なメータリングツールを自由に配置し、必要なメーターを一括確認することができます。ワークスペースと別ウインドウになっているので、デュアルディスプレイ環境などで便利です。

ウインドウ内のメーターはタブ、区画など自由にレイアウトでき、区画の表示領域の割合を保ったままウィンドウサイズを変更できるので、表示状況が変わっても全てのメーターを確認することができます。

自在なレイアウト

ウインドウはサイズ変更、グループ、移動、切り離しなどを自由、かつ動的に行えます。このようにマスターセクションをドラッグ&ドロップしてドッキングすることも可能で、他のウインドウは自動的にサイズ変更して場所を空けます。

タブ表示により、よく使うツールに素早くアクセスできます。

スイッチバーを使い、4つ* のワークスペースを簡単に呼び出すことができます。

* WaveLab Elements 7 では一括処理セットを除いた3つのワークスペース

高度なクロスフェードエディット

WaveLab 7 は、直感的に編集が可能なクロスフェードエディターを搭載しています。オーディオモンタージュウィンドウで2つのクリップを重ねるだけで瞬時にクロスフェードが適応されます。またクロスフェードの結果はクリップ上の波形にリアルタイムに反映されるため、狙った位置にすばやくフェードポイントを作成することが可能です。「波形にスナップ」や「フェードにスナップ」など、編集効率を向上させるたくさんの便利な機能を装備しています。

クロスフェードの左右の境界はそれぞれ個別に位置を調節可能。また、フェードの中央を基準としてクロスフェードの範囲を左右対照で同時に調整することもできます。さらに、フェード全体を波形に沿って動かすことも可能です。

マルチチャンネル編集 W7

オーディオモンタージュウインドウはサラウンドフォーマットのレコーディングおよび編集に対応しています。5.1 チャンネルフォーマットの場合、2 つのステレオファイル(L/R と SL/SR)および2つのモノラルファイル(C/LFE)としてインポートされ、各トラックをそれぞれ別々のオーディオアウトプットへ送ることができます。LEF チャンネルへルーティングされるオーディオファイルに対しては、ローパスフィルターをインサートエフェクトとして使用することもできます。

また、複数のグローバルプラグインをロードして目的のトラック上の全クリップを処理することができるほか、各クリップに対しボリュームやパンエンベロープをサンプル精度で調節することが可能です。フェードはマウスを使用して編集したり、あるいはユーザー定義可能なフェードカーブプリセットをロードして調節することができます。

オーディオのレストレーション(修復)

Sonnox レストレーションプラグイン

音楽スタジオ、ポストプロダクション、放送局で絶大な評価を誇る Sonnox 社のレストレーションツールを WaveLab 7 は標準搭載。ノイズが入ってしまった素材や古い音源など、ヒスやクリック、ハムノイズへの悩みはもう過去のものになります。

DeNoiser、DeClicker、そして DeBuzzer の3つのプラグインツールは、元の素材のアンビエンスを保持しつつさまざまなノイズに対応。優れたアルゴリズムと判りやすいユーザーインターフェース、詳細な表示により、時間効率と正確性が要求されるレストレーションの現場でも活躍します。

スペクトラムエディターによるレストレーション W7

スペクトラムエディターは、オーディオファイルの周波数情報を修復、編集可能な強力なレストレーションツールです。高精度なリニアフェイズフィルターにより、ごく微細な周波数帯に対しても編集が可能です。

スペクトラムエディターでは、オーディオ素材をソノグラム表示し、周波数帯域ごとに時間の経過に合わせ、色や陰影をつけて表します。また、直接編集およびマスターセクション処理の2種類の編集モードを装備しています。

直接編集

直接編集モードには、3種類のフィルターが用意され、これらは6種類の方法で様々な作業に用いられます。ハイパス、ローパス、バンドパスフィルターを使用し、ソノグラム上の特定の周波数帯域の音を削減したり、フェードイン、フェードアウトさせたり、あるいは分散機能によって「ワイプオーバー」を行うことも可能です。また、フィルターの削減具合や強調度はユーザー定義が可能です。

マスターセクション処理

このモードでは、ディザリングアルゴリズムやノイズシェイピングなどのマスターセクションプラグインを使用して、選択された周波数帯域を処理することができます。この編集ツールにより、定義された周波数帯域を例えば Sonnox DeClicker やその他のレストレーションプラグインへ送ることができます。また、ユーザーが定義した周波数帯域に対しダイナミクスをフルコントロールすることも可能です。

この他、スペクトラムエディターでは、ソノグラム表示内でオーディオ素材の中のある箇所を別の箇所へコピーすることができます。ソース/ディスティネーション機能により、適切な領域を素早く分離させ複数の異なる場所へコピーすることが可能です。置き換えられる領域は長方形を伸縮させることで選択することができ、選択された領域の移動やサイズ調節を素早く簡単に行うことができます。また、ステレオファイルの各オーディオチャンネルを独立して処理したり、両チャンネルを同時に処理することも可能です。

エフェクト

豊富な VST3 プラグイン

StudioEQ、Roomworks リバーブ、3タイプのコンプレッサー、Maximizer、Limiter から、Nuendo が搭載するポストプロダクションツール Post Filter まで、最先端の VST3 フォーマットプラグインを30種類* 搭載。高音質、低い CPU 負荷など VST3 の数々の利点を提供します。

VST3 プラグインリスト (英語)

* WaveLab Elements 7 では12種類

クリップベースのエフェクトとプラグインチェイン W7

WaveLab 7 は自由に定義可能なプラグインチェインを使用することができます。プラグインチェインは、WaveLab で使用可能なすべてのプラグインから成り立っており、WaveLab 7 のタブエリアで瞬時に作成することができます。

プラグインチェインに含まれるプラグインの順序変更や、チェインからのプラグイン削除は、プラグインそのものを開くことなく行えます。プラグインはダブルクリックするだけで開いて編集を行うことができます。また、チェインはプリセットとして保存することができ、オーディオモンタージュのクリップやトラックを処理する場合にいつでも使用可能です。

ラウドネス補正対応のプラグインスマートバイパス W7

オーディオ素材にプラグインエフェクトをかけるとシグナルのレベルやラウドネスが変化することがありますが、プラグインで処理されたシグナルとオリジナル素材を瞬時に比較することは難しい場合があるでしょう。WaveLab 7 は、このラウドネスの相異を自動的に補正するスマートバイパス機能を装備し、エフェクトの適応前/適応後を素早く簡単に A/B 比較することができます。また、スマートバイパス機能は外部のエフェクトハードウェアをマスターセクションで使用している場合にも対応しています。

外部エフェクトハードウェアの統合 W7

WaveLab 7 は、アウトボードエフェクターをマスターセクションのオーディオシグナルチェインへ統合するシステムが搭載されています。外部のエフェクト機器 は、マスターセクションの希望の位置(スロット)へプラグインとして統合されます。WaveLab 7 は、最高8チャンネルの、ASIO 対応マルチチャンネルオーディオデバイス入出力をサポートします。

WaveLab は、ハードウェアのレイテンシーを自動的に認識、補正し、タイムコードへの完璧な同期を図ります。また、ハードウェアへ送られるレベルはセンドレベルでコントロールします。

プラグインエフェクトのかけ録り  W7

WaveLab 7 は、マスターセクションのプラグインを経由したオーディオのかけ録りに対応しています。これにより録音時や素材を準備している時にも、EQ、コンプレッサー、ノイズゲートなどのエフェクトを使用することができます。

WaveLab は、マルチチャンネル対応の ASIO オーディオデバイスを使用して、最高8チャンネルまでのマルチトラック録音を行なえます。これによりミキサーサブグループの録音やサラウンドでの録音が可能です。また WaveLab 7 は最高 384kHz までのサンプリングレート* をサポートします。

* 使用するオーディオデバイスの AD コンバーターによって最大サンプリングレートは異なります。

その他

DIRAC タイムストレッチ&ピッチシフトアルゴリズム

DIRAC は、オーディオ素材をタイムベースで操作する、今日で最も優れたアルゴリズムです。WaveLab 7 では DIRAC 2.2* を採用し、さまざまなオーディオ素材を更に柔軟かつ高品位に操ることができます。

DIRAC 2.2 では、平均律あるいは自由に定義可能なチューニングテーブルにより、クロマティックなピッチ修正が行えます。アルゴリズムがサポートするサンプルレートは無限であり、WaveLab 7 では最大 384 KHz サンプルレートでタイムストレッチ、ピッチシフトが可能。処理速度も向上し、新しいフォルマントコレクションエンジンは楽器や声の特徴を正確に維持します。

* WaveLab 7.2 では DIRAC 3.5 にアップデート

Unicode 対応

Unicode に対応した WaveLab 7 は、アプリケーションを通してほとんどすべての言語を入力することができます。日本語、フランス語、ギリシャ語、ロシア語、ヘブライ語 - 世界を見据えたアプリケーションです。

DDP サポート* W7

DDP (Disc Description Protocol) は、今日のマスタリング、プレス業界で広く用いられる規格です。記録媒体に依存しないデータファイルフォーマットである DDP は従来の PMCD に比べてインターネット経由でのデータの受け渡し、ハードディスクや USB メモリーでの保管が可能であるなど多くのメリットを持ち、ファイルには音源内容、PQ、ISRC、POS やエラー補正情報などプレスに必要な情報を含めることができます。WaveLab 7 は追加のツールなしに DDP に完全対応しています。

ライティングエンジン*

新しい CD、DVD ライティングエンジンにより、更に安定したディスク作成を実現します。また需要が高まる DDP イメージの書き込みにも対応しました。

* 日本語 CD-Text を含んだ DDP ファイル / Audio CD の作成、読み込みが正常にできない不具合があることを確認しております。なお、英語(半角)の CD-Text は問題なく作成、読み込みが可能です。詳しくはこちらの FAQ をご参照ください。 ― WaveLab 7.2 アップデート で解決済み

* W7 印は上位グレード WaveLab 7 のみの機能です。またその他の機能のいくつかは WaveLab Elements 7 では制限されます。