Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

Cubase Elements 7 の新機能

Cubase Elements 7 は、シリーズ最上位グレード Cubase 7 のコアテクノロジーを基盤に、作曲、レコーディング、編集、ミキシングに必要な機能をコンパクトに凝縮した DAW です。
アンプとキャビネットやエフェクターなどを自由に組み合わせて音づくりが可能なギターエフェクト VST Amp Rack、楽曲のコード感をトータルにコントロールする画期的なコードトラックなどにより、クリエイティブでスピーディーな音楽制作を可能にします。
さらに、完全に一から再設計されたミキサーはコンピューターモニター上でのミキシングを容易にし、プロ顔負けのパンチの効いたサウンドを素早く作ることができます。

Cubase Elements 7 体験版はこちら

バージョンアップについて

バージョンアップ / アップグレード情報については、下記リンクをご参照ください。Cubase Elements (ver.6) を2013/4/15以降に購入された場合は、無償にてバージョン7にアップデート可能です。

詳しくはこちら

Seleccionar contenido de páginas directamente

  • MixConsole: 192 kHz に対応したプロフェッショナルミキサー
  • EQ/ダイナミクスチャンネルストリップ: プロコンソールのサウンドをミキサー上に
  • グローバルコードトラック: プロジェクト単位でコードの表示そして編集を可能に
  • Hermode チューニング: ソフトウェア音源の音程をより純正律に近く調整
  • VST Amp Rack: バーチャルギターエフェクト/アンプシミュレーター
  • FLAC 対応: 高音質かつ高圧縮にてプロジェクト作成、書き出し
  • ReWire 64 ビット対応、SoundCloud 対応
  • ASIO-Guard: ドロップアウト防止アルゴリズム

新たなミキシング体験

MixConsole ― 生まれ変わったミキサー

Cubase Elements 7 のミキサーは "MixConsole" として完全に刷新され、操作性や音質にもさらに磨きがかかりました。

自在なズーム、そして必要なチャンネルやパラメーターに素早くアクセスするための様々な機能によって、MixConsole はラップトップから大型ディスプレイまで、さまざまな環境で柔軟に対応します。

さらに12dB ブースト対応、フレキシブルなチャンネルストリップなど、新世代にふさわしいミキシング環境を、透明感あふれる音質と共にお届けします。

プロフェッショナルのためのオペレーション

Cubase 7 譲りの MixConsole では、プロフェッショナルのワークフローに応えるため、操作性を徹底的に向上しています。A/B 比較やグローバルバイパス、プラグインサーチ、一貫したドラッグ&ドロップ操作などは、ほんの一部です。センド/インサートは必要な数に応じて自動調整され、無駄のない表示を実現。またメーターブリッジ、トラックアイコンなど、視認性も向上しました。

 

 

ノイズゲート
シンプルかつ効果的

 

3種類のハイエンドコンプレッサー
スタンダード: 万能タイプ
ビンテージ: 古き良き時代のサウンド
チューブ: 真空管特有の温かいカラーに

 

 

4バンド StudioEQ
スペクトラムアナライザー搭載

エンベロープシェーパー
パーカッシブな音源の立ち上がりや
リリース、ディケイをコントロール

 

テープ&チューブサチュレーション
サウンドにパンチと温かみを追加

 

3種類のリミッター
スタンダード: 万能タイプ
マキシマイザー: 音圧向上
ブリックウォール: レベル超過を強力にガード

 

チャンネルストリップ

Cubase Elements 7 新搭載のチャンネルストリップには、伝説的なプロコンソールの機能を多数搭載。あなたの曲をすばやくプロクオリティのサウンドに仕上げることができます。

チャンネル設定

新デザインのチャンネル設定ウインドウでは、メーター、ルーティングから、新しいチャンネルストリップモジュール、センドまで必要なパラメーターを一望することができます。

ウインドウ表示の自動調整により、違うチャンネル間の移動の際も余計なスクロールなしにスムーズにコントロールが行えます。

音色の宝庫

VST Amp Rack: あらゆるギターサウンドを

ジャズ、ロック、メタル ー あらゆるギターサウンドを再現する最高のバーチャルギターアンプ/エフェクトセットが Cubase Elements にも搭載されました。ボタンをクリックすれば、ビンテージからモダンまで、ジャンルやスタイルを超えたギタートーンのコレクションがあなたのものです。

VST Amp Rack は、歴史を作ってきたギターアンプ7種類の特徴をそのまま再現します。クリーンサウンド、クリーミーなクランチ、サスティン豊かに歌うリード ― VST Amp Rack があれば、ギタートラックの音色はいつだって完璧です。

ワウワウ、コンプレッサー、テープディレイ、ファズなど伝説的な18のエフェクトペダルと、6つのスピーカーキャビネット、2つのマイク、チューナーの組み合わせにより、VST Amp Rack はライン録音からあなたの求める本当のギターサウンドを導き出します。

DJ-EQ: フロアは目の前

DJ ミキサーも Cubase の中に。シンプルかつパワフルな3バンド EQ と、3つのキルスイッチを搭載した DJ-EQ なら、フロアに映えるサウンドもインパクト抜群のブレイクも素早くクリエイト。もちろんパラメーターは Cubase のクイックコントロールやオートメーションに対応し、あなたのスタジオでクラブサウンドを緻密に作りこむこともできます。

MorphFilter: クリエイティブにブレンド

フィルタリングは音のアート。HALion 譲りの高性能モーフィングフィルターを搭載した Cubase Elements 7 では、さまざまな ロー / ハイ / バンドパス / レゾナントフィルターから2種類を選び、滑らかにブレンドすることができます。クイックコントロールやオートメーションにも対応し、トラックのスウィープやグライド効果など、思いのままにトラックを操れます。

ハーモニー豊かに

コードトラック

Cubase Elements 7 はグローバルコードトラックを新搭載し、プロジェクト単位でコード進行を集中管理できるようになりました。

コードトラックではさまざまなボイシング設定が行え、プロジェクト中の MIDI トラックに対してコードボイシングやスケールを適用できます。

コードはエディターパネル、または MIDI キーボードから入力可能。コードトラックでの変更を各トラックに自動反映させることもできます。作曲やアレンジに大きく役立つでしょう。

キーエディターのインスペクターにも、コードエディットタブを新搭載。

鉛筆ツールでのコード一括入力や、maj / min / sus4 / dim などコードタイプの変更、転回など、さまざまな操作を行えます。

Hermode ― より純粋な響きを

Hermode チューニングテクノロジー (HMT) は、MIDI ノート情報に対して3/5/7度のピッチをリアルタイムに微調整することで、平均律との互換性を最大限に保ったまま、より純正律に近い響きを得られる技術 です。これにより、たとえばブラスや木管など演奏者が音程を微調整できる楽器と、ピアノやギターなど平均律固定の楽器とを組み合わせたオーケストラアレン ジなどにおいて、よりサウンドが鮮明かつ豊かに響きます。

平均律の長所を犠牲にすることなくピュアな調音を実現する Hermode チューニングを用いれば、エレクトロニックミュージックにおいてもこれまで体験しなかったようなパンチのあるサウンドを体験できることでしょう。

ライセンステクノロジー

より快適に

プロジェクト内をテレポート

あるオーディオファイルをズームインして編集し、次の瞬間には違うパートにジャンプ。こんな作業は日常茶飯事です。Cubase Elements 7 は MemZap を搭載。必要に応じてメモリーポイント、ズームレベルを指定し (Mem)、あなたの思い通りにプロジェクトの中を瞬間移動 (Zap) することができます。

ASIO-Guard

オーディオエンジンもさらに向上。ミキシング機能の拡張に加えて、ASIO-Guard テクノロジーは、大切なセッション中の安定性、CPU 効率をさらに高めます。ドロップアウト防止のためのアルゴリズムに任せて、アナログ時代同様、サウンドに集中してください。

オーディオ設定を簡単に

アプリケーションの初回起動時やオーディオデバイスを抜き差しした際に、オーディオドライバー設定ダイアログを表示。初めてのユーザーでも迷うことなく、ハードウェアの設定が行えます。

セーフモードでの起動

Cubase Elements 7 には、ユーザーカスタマイズした初期設定を一時的に無効にし、デフォルト状態に戻すセーフモードを搭載。トラブルシューティングに役立ちます。

FLAC: スリムかつ高音質

高音質ネット配信で注目を浴びる可逆ロスレス圧縮フォーマット FLAC に対応。非圧縮フォーマットに比べて約60%のサイズで、音質劣化のないオーディオミックスダウンの書き出しが行えるだけでなく、プロジェクトへの読み込 み、さらに FLAC 形式でのオーディオトラックへの配置や録音までも可能です。

SoundCloud: クラウドにつなぐ

完成した音源もラフスケッチも、すぐにクラウドでコラボレーション。Cubase Elements 7 には、ミックスダウンファイルの書き出しと共に、SoundCloud サイトに直接アクセスする機能を追加しました。アカウントにログインし、ファイルをアップロードすれば、あなたのクリエイティビティは世界中の仲間とつな がります。Steinberg on SoundCloud

ReWire 64 ビットサポート

Windows / OS X の64 ビット環境で ReWire に完全対応。サードパーティー製アプリケーションから、ReWire 経由で最大256オーディオチャンネル、数千の MIDI チャンネルを完璧に同期しながら Cubase に取り込むことができます。

リモートコントロール

カスタマイズ可能なリモートコントロールエディターを搭載。エフェクトやインストゥルメントのパラメーターなどをさまざまなハードウェアのノブやフェーダーに設定し、操作することができます。