Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

What is new in Cubase 9

Cubase 9 の新機能

シーンを改革し続ける新機能、高効率を追求したワークフロー、すばらしいプラグイン - 最新アップデートはこの DAW を全方位に進化させ、完全無欠の Cubase の名を焼き付けます。

エディターや MixConsole に、プロジェクトウィンドウからダイレクトアクセスできる Lower Zone。完全に一体化したサンプラートラックはすべてのクリエイターへの新しい挑戦。正確無比な Frequency EQ はあなたのミックスをより音楽的に導いてくれる鍵です。

マルチマーカートラック、プラグインセンチネル、刷新された Maximizer - 未来の音楽制作に絶対に外せない、Cubase 9 がここに 。

プロジェクトウィンドウの進化

音楽制作に必要不可欠な機能に最短距離でアクセス。Cubase 9 ではウィンドウ1つでほとんどの作業が行えるように GUI を刷新し、MixConsole や各種エディター、コードパッドをプロジェクトウィンドウに統合。選択パートに対するエディターをリアルタイム表示することで数え切れないクリックと時間を節約できます。また VSTi や MediaBay の表示ゾーンの拡大縮小も大幅に改善。ラップトップ、マルチディスプレイのどちらにも対応するスマートな回答です。

ProArtistElements

ProArtistElements

クリエイターへの挑戦: サンプラートラック

いつも新しいジャンル、シーン、時代で中心となるのはサンプラー。Cubase 9 は、サンプラーも DAW のトラックとしてスタンバイ。どんなオーディオデータも、トラックにドラッグするだけで新たな命を吹き込めます。ボーカルを叩く? ドラムフィルを作る? ミックスダウンをさらにトラックに混ぜる? 専用サンプラーの機能を統合し、オーディオと MIDI の使い勝手の両方を得られるサンプラートラックは、クリエイターの制作意欲へのさらなる挑戦です。

数百ものサンプルとプリセットを満載した専用サンプルライブラリー Caleidoscope も付属します。

MixConsole での操作を履歴管理

時間と集中力を要するミックス作業で、それぞれの試行錯誤に費やした時間を遡れたら、クリエイターにとってどれだけ勇気になるでしょう? MixConsole はプロジェクトとは独立して履歴を記録し、ミックス中のさまざまな処理をリストから呼び戻せるようになりました。曲のアレンジ、トラックの編集は現在形をキープしたままで、ミキサーだけの基本的なアンドゥ / リドゥはもちろん、プラグインや EQ などに施した個別の処置に至るまですべてを見渡せるため、いくらでもやりたいミックスを追求した上で、どれがベストなのか、客観的に判断することができます。

ProArtist

Frequency 8バンド EQ

新しい Frequency EQ プラグインは、まさに "クリエイターのための EQ" です。ピンポイントの周波数処理を突き詰めた Frequency では、全8バンドにリニアフェイズモード搭載、オートリッスン、スペクトラムディスプレイ、WaveLab Pro でお馴染みの Mid/Side 対応に加え、周波数がどの音名に相当するかが一目瞭然な、鍵盤表示まで搭載しました。音楽を作っていく上で主要言語である音名とミキシングで常に主導権を握る周波数との鍵を握る、このロゼッタストーンを手に入れ、あなたはさらに音楽的なミックスに辿りつくことでしょう。

Pro

マルチマーカートラック

マーカーは、楽曲制作では欠かせないツールです。基本的に曲のリハーサルマークとして使われることが多いマーカーですが、それだけでなく録音 / 編集時のアンカーとして細かくマーカーを作成する場合、1つのトラックに多くが並存すると混乱をきたします。

Cubase Pro 9 は現代の音楽制作によりマッチするよう、最大10トラックまでのマーカートラックを作成できるようになりました。これにより、リハーサルマーク、録音用、編集用、サイクルマーカーを使ったステム書き出し用など、用途でマーカーを使い分ける事ができます。

Pro

Production Grooves

今日のあらゆるスタイルの音楽をカバーする、400以上のドラムループとプリセット! 曲作りに加えたい基本的なドラムトラックも、フロアを熱狂させるエレクトロニカビートも、熱いロックビートも揃っています!

ProArtistElements

クラウドコラボレーション

日々、距離が小さくなる世界に生きる私たちにとって、クラウドコラボレーションは欠かせません。リモートレコーディングを可能にする VST Connect SE 4 (Cubase Pro 9)、また VST Transit (Cubase Pro / Artist 9) を使って、世界中からコラボレーターやパートナーを見つけ、アイデアを交換し、同じ情熱を持った仲間とつながりましょう! Cubase ほどのクラウドコラボレーション能力を備えた DAW は他にありません。VST Connect SE 4 は、新しいコラボ相手を瞬時に見つける機能を追加。VST Transit はさらに改良を積み、より多くのトラック、サードパーティ製 VST3 プラグインに対応しています。

ProArtist

他には?

AutoPan は、よりバラエティ豊かに柔軟になり、音場空間をより自在に操れるようになりました。さまざまなシェイプ、同期モード、パノラマ設定など、新しい GUI から素早くコントロールできます。

新しい Maximizer を好きなあなたは、同じく GUI を揃えて一新した Brickwall Limiter、Compressor、Expander、Gate そして Envelope Shaper もきっと気に入ることでしょう。GUI と共にさらに磨かれたパラメーターにより、これらの先鋭的エフェクトもより使いやすくなっています。

Cubase 9 シリーズラインナップ