Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

 

Cubase Fan Sessions

Cubase を使って活躍するアーティスト3名による、トークディスカッションを開催!
プロのアーティスト・クリエイターの視点で、Cubase について存分に語ってくれる、スペシャルオンラインイベントです。奮ってご参加ください。

Artists

CUTT

hide (X JAPAN) に見出され、1999年にバンド「shame」のボーカル・ギターとしてデビュー。シャウトを特徴にしながらもストレートなボーカル、哲学性の持った歌詞、幅広い音楽性で人気を博した。

現在はソロ活動と共に宇宙バンド「SPEED OF LIGHTS」を展開。

また2020年は shame のデビュー20周年を記念し、クラウドファンディングによる3回のスタジオ配信ライブを行った。

2002年より Cubase を核に音楽制作を行っており、MIDI 打ち込みからマスタリングに至るまでの機能に造詣が深い。

宮川智希 (Sleepfreaks)

Sleepfreaks DTM インストラクターとして、ロック / エレクトロニカ / J-POP / EDM まで多岐に渡るジャンルを指導。

サウンドクリエイター/作家として活動を行いながら、音楽ユニット「L75-3」のアレンジャー、エレクトロミュージックに特化したユニット「Cad:noah」のビートメーカーとして精力的に活動している。

JUVENILE

大ヒットした RADIO FISH「PERFECT HUMAN」の作編曲担当や韓国の大人気アーティスト CNBLUE「Face to face」編曲。その他にも、東京シティ競馬テーマソング 相田翔子 feat. オリエンタルラジオ『Twinkle Twinkle 2017』編曲、May’n、福山潤、SKE48 古畑奈和、Liyuu なども楽曲提供、10代に圧倒的人気を誇る『TikTok』TVCM 楽曲の作編曲を手掛けている話題の新進気鋭の Sound Producer。

TALK BOX 界 No1 のプロデューサー “FINGAZZ” 来日公演で共演を果たした事でトークボックスプレイヤーの1人としても注目されている。SoundProduce としてはダンスミュージック中心に ROCK/JAZZ/POPS など...ジャンルは多岐に渡っている。

音楽活動は、2015年より ELECTRO ユニット OOPARTZ (オーパーツ) の SoundProduce/TALK BOXER としても精力的に活動中。 2020年8月より YouTube にて Hi☆Channel ~music session~ のレギュラー MC もつとめている。