Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

VST Bridge 開発終了のお知らせ

Steinberg では今後のソフトウェア製品のメジャーアップデートにおいて、64ビット版のみリリースいたします。現在のコンピューター環境および音楽制作環境においては大容量コンテンツの扱いや安定性において、64ビット OS が最適であるためです。また同時に、64ビット環境にて32ビットプラグインを動作させるための VST Bridge についても開発を終了いたします。

もし過去の 32ビットプラグインを引き続きご使用になられる場合は、サードパーティ製品の使用をご検討ください。しかし Steinberg としては、安定した動作のためには、64ビット対応の VST3 プラグインを強く推奨いたします。お使いのプラグインの64ビット対応状況、また VST3 版のリリース状況について詳しくは、プラグイン開発元にお確かめください。

VST Bridge とは?

VST Bridge とは、下記のようなケースで技術上の問題により互いに 「会話ができない」 コンポーネントを仲介する技術です。

  • A: 64ビット版の OS 環境において、Cubase / Nuendo の 64ビットバージョンを使用したい。しかしプラグインは 32ビットにのみ対応している。
  • B: Intel CPU を搭載した Mac 上で Cubase / Nuendo (ver.4 以降) を動かしつつ、Power PC バイナリでのみ動く VST プラグインを使用したい。

A、B 共に、使用プラットフォームに本来対応していないプログラムコードを実行させる仲介者 = VST Bridge が必要です。A の場合は32ビットのコードが 64ビットで動作するように、B では PowerPC のコードが Intel のコードに翻訳されます。

VST Bridge はプログラムコード同士の同時通訳者とイメージしてもらえばよいでしょう。通訳によってレイテンシーが発生することはありませんが、コンピューターのリソースは消費されます。VST Bridge によって通訳されたプラグインは、ネイティブコードバージョンのプラグインに比べると効率の面では不利で、結果として VST Bridge を通したプラグインの使用が CPU に高い負荷をかけ、画面表示の反応が遅くなるなどの可能性があります。

変換されるプラグインは、変換先の VST (2.4) の仕様に従う必要があります。しかし、たとえ VST Bridge を通したプラグインがクラッシュしたり、VST Bridge 自体がクラッシュしたとしても、ホストアプリケーションには影響がありません。VST Bridge はシステムにおいては、ホストアプリケーションとは別の処理を行うからです。

VST Bridge は過渡的な対処法です。PowerPC Mac と Intel Mac を行き来したり、32ビット OS と 64ビット OS 環境を切り替えたりする事を可能にします。あなたの Cubase / Nuendo のプロジェクトは、システムを新しく入れ替えた後も、プラグインがインストールされていれば最大限の互換性をもって開く事ができます。

とはいえ、VST Bridge を通したプラグインはなるべく早くネイティブのプラグインに置き換えるべきです。また、代替策としてこれらのトラックをオーディオファイルとしてエクスポートするのも良い方法です。どのプラグインが VST Bridge を必要としているかは、プラグインの名前の前に記号として表示されます。

もしご使用のプラグインに 64ビット版、Intel 版など新たなプラットフォームに対応したバージョンがあれば、そちらにアップデートするか、又は Cubase / Nuendo に付属の VST3 プラグインに置き換えるよう、おすすめします。

最新プラットフォームに対応した優秀な VST3 プラグインは、さまざまなスタジオワークで活躍することでしょう。