Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

Yamaha Vintage Plug-in Collection Header Visual

Vintage Open Deck

時代を超えて求められる、アナログマスターテープ特有のサウンドキャラクター。Vintage Open Deck はヤマハの VCM テクノロジーを用いて、オープンリールテープレコーダーの名機が持つアナログ回路、そしてテープの特性を再現。1970年代から80年代にかけて製造された代表的テープデッキ4種類のキャラクターをエミュレートしました。

正確かつフレキシブル

再現されたテープデッキは Swiss '70、Swiss '78、Swiss '85、American '70 の4種類。これらを録音デッキと再生デッキ個別に選択できます。
また、緻密なテープマスタリング作業のために、極めて自由度の高いパラメーター設定が可能。テープスピード、バイアス、EQ、ディストーションやサチュレーション特性に加えて、テープ状態も新 / 旧から選べます。

録音デッキ

RECORD ノブを通して入力レベルを調整し、テープコンプレッションのレベルを正確に再現。また RECORD / BIAS ノブにより歪量、HIGH ノブにより高域のゲインを調整可能です。
AUTO MAKEUP ゲインをオンにすると、再生デッキ側の REPRODUCE レベルが連動し、アウトプットレベルを変えずに歪み量を変化させることができます。

再生デッキ

REPRODUCE ノブにより出力レベルを、HIGH / LOW ノブにより高域 / 低域のゲインを調整できます。

VU メーター

大型の VU メーターと LED ディスプレイによるメーターセクションは、録音デッキへの入力、再生デッキからの出力のいずれかを選択表示。また VU ADJUST により、0.0~20.0 dB までをメーターの 0VU に設定可能です。

幅広い互換性

Vintage Open Deck プラグインは VST3、VST2.4*、AU フォーマットに対応し、Cubase、Nuendo、WaveLab や、Logic などで動作します。
* VST 2.4 は Windows のみ対応