Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

RND Portico 5043 Compressor プラグイン

Rupert Neve Designs Portico 5043 プラグインは、Rupert Neve のオーディオプロセッサーが持つ伝説的なアナログサウンドをデジタルの世界に加えます。ヤマハの VCM テクノロジーとの協調により生まれたこのプラグインエフェクトは、オリジナルのアナログハードウェアが作り出すクリアーかつパンチと温かみのあるサウンドを、DAW 上で忠実に再現することができます。

至高のサウンドを生み出す5つのパラメーター

コンプレッサーの音色を決めるパラメーター Threshold、Ratio、Attack、Release、Gain をハードウェア同様に搭載。アナログハードウェア版 Portico と同様に、最短距離の操作で直感的にニーヴサウンドを得られます。

Feed Forward / Feed Back ゲインリダクションモード

Portico 5043 最大の特徴は、2つのゲインリダクションモードの切り替えができることです。ビンテージコンプレッサーで使われていた Feed Back (FB) モードでは、機器固有の色づけによって甘くスムーズなコンプレッションを、現代のコンプレッサーで主流の Feed Forward (FF) モードでは、音色変化を抑えつつ、より精度の高いコンプレッションをかけます。

インジケーター

プラグイン画面のバーチャル LED メーターでは、インプットシグナルとゲインリダクションのレベルを表示します。また2つのボタン兼用 LED によって、バイパス状態、FB/FF モード切り替えを確認できます。

主な特長

  • Portico 5043 Compressor / Limiter Duo をプラグインで実現
  • Feed-Forward、Feed-Back 2つのモードによる全く異なるコンプレッション特性
  • バイパス時にも動作する Portico 特有のインプット/アウトプットトランスフォーマー
  • VCM テクノロジーによる、アナログ回路の素子レベルからのモデリングとハードウェアが持つニュアンスの再現
  • Rupert Neve 公認プラグイン
  • VST 3、VST 2.4 および AU フォーマット対応
RND Portico 5043 PlugIn

幅広い互換性

RND Portico 5043 プラグインは VST3、VST2.4*、AU フォーマットに対応し、Cubase、Nuendo、WaveLab や、Logic などで動作します。

* VST 2.4 は Windows のみ対応