Steinberg — Creativity First
Main navigation
 
 
Sequel 3
 
Menu on product page
 

Sequel 3 の新機能

 
 

ビートは自在

Sequel 3 が新搭載するビートページは、ビート、リズム、グルーヴの司令塔。ドラム音源 Groove Agent ONE とステップシーケンサー Beat Designer が並んだ一つの画面で、多彩なサウンドを使ったリズムパターンを瞬時にプログラムできます。豊富なライブラリーからドラムキットやパターンを選ぶことも、一からキット、パターンを組むことも簡単です。

 

ステージでアレンジ

Sequel のパフォーマンスモードは、リニア、パターンペースの曲作りの流れを組み合わせ、リアルタイムアレンジを可能にします。プロジェクトのセクションをパフォーマンスパートとして指定すれば、パッドをクリックするだけで曲の構成が自在に変化。またパッドを MIDI コントローラーやキーボードにアサインすれば、ステージでも思いつくままに曲を進化させることができます。さらに Sequel 3 ではこうしたパフォーマンスを「録音」し、再編集することや、プロジェクトとしての「展開」も可能です。

音色はいくらでも

Sequel 3 は曲作りに役立つハイクオリティなインストゥルメントやエフェクトを搭載。アコースティック楽器からシンセパッド、リードなど500以上の音色を搭載した HALion Sonic SE や ドラム音源 Groove Agent ONE を使って、さまざまなジャンルの音楽をつくりましょう。またギタリストのあなたには、伝説のギターアンプやエフェクトを再現した VST Amp Rack SE をプレゼント。さらに Sequel 3 では、サードパーティー製の VST 3 プラグインも使用可能になりました。

オリジナルミックス

お気に入りのトラックのリミックスを作りたいと思ったことはありませんか? Sequel 3 なら簡単です。お持ちの MP3 ライブラリーからプロジェクトに気に入った曲をドラッグし、トラックのテンポを検出。その後はループを組んだり、アレンジを変えたり…あなたのテイストを存分に加えてください。

ステップエンベロープエディターを使えば、リバース、スタッター、ピッチなどのエフェクトで、オーディオトラックが生まれ変わります。