Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

Now Playing:

Open Playlist
  • 01Lead 10:19
  • 02Lead 20:07

Now Playing:

Open Playlist
  • 01Drive 10:27
  • 02Drive 20:29
  • 03Drive 30:19

Now Playing:

Open Playlist
  • 01Crunch0:23

Now Playing:

Open Playlist
  • 01Clean0:19
  • 02Clean Blues0:15
  • 03Clean Chorus0:20
  • 04Clean Vibrato0:12

UR242 — 4 x 2 USB 2.0 オーディオインターフェース

あなたのラップトップや iPad で、スタジオクオリティの録音を。

クラスを超えた高音質と実用的な入出力、先進の DSP モニター&エフェクト機能を兼ね備えた UR242 は、モバイル音楽制作のさまざまなシナリオを実現するオーディオインターフェースです。

UR242 は単なるコンパクトな I/O デバイスではありません。
モバイル音楽制作システムの核として、ミュージシャンやプロデューサーの要望に応える性能を秘めています。

感性をつなぐためのインターフェース

クオリティ、可搬性、お求めやすい価格のバランスを徹底追求した UR242。妥協のない音質と強力な DSP 機能をコンパクトに収めました。

ボーカル、ギター、MIDI デバイスやその他のオーディオ機材など、最大4系統のオーディオチャンネルを同時録音可能。マイク入力には PAD スイッチも装備し、さらに幅広い種類のマイクや録音ソースに対応します。コンパクトで丈夫なメタルボディは、スタジオからホテルの部屋、自宅など様々な場所での持ち運びも簡単です。

どんな DAW でも真価を発揮する dspMixFx

UR シリーズは市場のほぼすべての DAW とスムーズに統合します。UR242 はシリーズ最上位機種の UR824 と同等の SSP2 DSP チップと dspMixFx テクノロジーにより、どんな DAW を使った場合もレイテンシーフリーの DSP モニタリング / エフェクトを実現します。

さらに Cubase と使用した場合は、入出力から DSP 設定まで Cubase 自体からコントロールすることができます。

iPad 接続対応

UR242 は Class Compliant (CC) モードに対応し、iPad と組み合わせての使用が可能です。

Steinberg の強力な音楽制作アプリ、Cubasis などを使って、リビングルームでも外出先でも、アイデアを鮮やかにスケッチすることができます。さらに同じインターフェースのまま PC や Mac に UR242 を接続し、プロジェクトを完成させましょう。

こんな用途に…

考え抜かれた入出力、DSP エフェクト、高音質コンポーネントとコンパクトなサイズにより、UR242 はさまざまなシーンで高い実力を発揮します。

プロのスタジオ環境をどこでも

DAW やバーチャルインストゥルメント、エフェクトプラグインの発達のおかげで、ごく普通のデスクトップパソコンや廉価なラップトップパソコンでも、トップレベルのレコーディングスタジオに匹敵する音楽制作が可能になった今日。

多くのミュージシャンやプロデューサーが、コンパクトでハイクオリティなインターフェースを求めています。

UR242 に込められたテクノロジーは、クラスを超えた音質と実用的な機能により、今日のコンピューターベースの音楽制作システムへの絶妙なマッチングを実現しています。

ギタリスト、ベーシストに

UR242 はギタリストにこそオススメしたいインターフェースです。4種類の代表的なギターアンプをモデリングした DSP 駆動のバーチャルアンプシミュレーター Guitar Amp Classics は、生々しくダイナミックなギターサウンドを、ゼロレイテンシーで再現します。ギターアンプのあらゆるノブ設定を自在にコントロールできるのも DAW ならでは。さらに VST プラグイン版との併用により、ライン録音したドライ音へのリアンプも可能です。

入力1は HI-Z に対応し、エレキギターやエレキベースを直接挿せます。DAW でギタートラックを突き詰めたり、ラップトップや iPad をフルデジタルギターアンプとしてライブで使ったり、可能性は無限大です。

キーボーディストに

キーボーディストがステージで用いるモバイルインターフェースとして、強力なミキシング機能を備えた UR242 はいい選択です。ステレオライン入力と MIDI 入力により、オーディオと MIDI の並列同時入力を可能にする UR242 なら、キーボードやステージピアノ本体のサウンドとソフトシンセのサウンドを DAW でミックスルーティングして会場の卓に送ったり、録音の後にさらに MIDI 編集でつきつめることも可能です。

充実した機能と、この価格帯としては桁外れのクオリティを備えた UR242 は、ライブでもスタジオ、自宅でもキーボーディストの要望をかなえます。

3人までの同時モバイル録音可能

アコースティックデュオやトリオのモバイル録音は UR242 の得意分野の一つです。ボーカリストとギタリストにダイナミックマイクやコンデンサーマイクを立て、キーボーディストからはケーブルでステレオライン入力。これら3系統の入力を、最大24ビット、192kHz のクオリティでマルチトラック録音できます。

D-PRE マイクプリアンプはボーカリストのデリケートな息づかいや楽器のかすかな表現も澄み切った音質で捉えます。また、会場でインターフェースをぶつけたとしても、UR242 のメタルボディはちょっとやそっとではびくともしません。

バンドをバックアップ

アーティストはしばしば、ライブステージのサウンドを充実させるためにラップトップや iPad 上の DAW でバッキングトラックを再生します。会場の卓にトラックを送る際にも UR242 は活躍します。また MIDI 入出力を活用すれば、曲中の MIDI イベントにより、曲の進行に合わせて照明や映像をコントロールすることも可能です。

UR242 の頑丈なメタルボディと AC アダプターによる電源供給、安定したドライバーは、過酷なステージでの信頼性も高めています。 

UR242 セットアップ例

小型ボディに柔軟な入出力を備えた UR242。さまざまな組み合わせの楽器、マイク、機材を接続することができます。

詳しく見る