Steinberg Media Technologies GmbH

Creativity First

Frankenstraße 18 b
20097 Hamburg

Tel: +49 (0)40 210 35-0
Fax: +49 (0)40 210 35-300

祖堅正慶 (SQUARE ENIX)

NORO

PandaBoY

三谷秀甫 (shuho)

VOLTA MASTERS

江夏正晃

牛尾憲輔 / agraph

SUI

Goh Hotoda

赤川新一

祖堅正慶 (SQUARE ENIX) インタビュー

2014/11/06
スクウェア・エニックスの祖堅正慶さんは、『ファイナルファンタジー』シリーズをはじめとしたゲームのサウンド制作を数多く手がけてきた、日本を代表するサウンドデザイナーのひとりです。そんな祖堅さんにとって無くてはならない存在が Cubase。ゲームサウンドの制作工程と Cubase の使いこなしについて、じっくりとお話をうかがってみました。

続きを読む

NORO:Cubase Wavelab インタビュー 

2014/10/15
アーティストでありシンガーであり、作詞・作曲はもちろんのこと、アレンジ、レコーディング、ミキシング、マスタリングといったエンジニアリング部分、さらにはアートワークやビデオ制作まで何でもこなしてしまうマルチタレント、NORO さん。全曲、Cubase でレコーディングからトラックダウン、マスタリングまで行うその制作手法について、詳しくお話を伺ってみました。

続きを読む

DJ / リミキサー PandaBoY インタビュー

2014/10/06
livetune feat. 初音ミクの "Tell Your World" や、でんぱ組.inc の "でんでんぱっしょん" などのリミックスを手がけつつ、クラブ "MOGRA" をホームグラウンドに全国で活躍する DJ/リミキサー、PandaBoY さん。最近は楽曲提供やサウンドプロデュースなど、さらに活動の場を広げている同氏に、Cubase との出会いや魅力、リミックス / エディットを行う際の活用方法などについてインタビューしました。

続きを読む

三谷秀甫(shuho)が語る HALion の魅力

2014/09/18
川嶋あいをはじめとした多数のアーティストへの楽曲提供や編曲を手がけ、最近では TBS の人気恋愛観察バラエティ『恋んトス』の挿入歌「恋花火」で注目を集めている新進気鋭の音楽クリエイター三谷秀甫(shuho)さん。 今回は Steinberg HALion について、魅力を語っていただきました。

続きを読む

VOLTA MASTERS - Cubase 7.5 Demo Songs & インタビュー

2014/09/03
斬新な楽曲を数多くリリースしている VOLTA MASTERS。今回新たに Hiphop テイストの Cubase7.5 デモソングを制作していただき、VOCALOID を使ったバージョンにも挑戦していただきました。新たな音楽シーンの可能性を感じさせる楽曲に仕上がったデモソングの公開にあたり、その制作秘話などを伺いました。プロジェクトファイルも公開中ですので、併せてお楽しみ下さい!

続きを読む

江夏正晃 - ハイレゾ制作に Cubase / Nuendo を選ぶ理由

2014/08/27
株式会社マリモレコーズの代表取締役であると同時に、作曲家として、プロデューサーとして、レコーディングエンジニア、マスタリングエンジニア、さらにはトラックメーカー、 DJ としても幅広く活躍する江夏正晃さん。今回はハイレゾサウンドをどのように作るのかという点について、実際の手法を含めて詳しくお話を伺ってみました。

続きを読む

牛尾憲輔 / agraph - テレビアニメ『ピンポン』 話題のサントラ制作と Cubase

2014/08/22
最近は agraph 名義のソロ・アーティストとしてだけでなく、ロック・バンド LAMA の一員として、また人気アニメの劇伴を手がける作曲家として、エレクトロニック・ミュージックの枠にとどまることなく活躍している牛尾憲輔さん。そんな牛尾さんが音楽制作のメイン・ツールとして10年以上愛用しているのが、Steinberg Cubase です。

続きを読む

アニソン制作からアイドル楽曲プロデュースまで – YUMIKO が語る Cubase

2014/08/01
『ひぐらしのなく頃に』『ヘタリア』『うみねこのなく頃に』『神のみぞ知るセカイ』『GON -ゴン-』『ちゅーぶら!!』…… といった数多くのアニソンの作曲・作詞をすると同時に、最近では男性アイドルグループ BOYS AND MEN の楽曲プロデュースも手掛けるなど幅広い活動をしている YUMIKO さんにお話を伺いました。

続きを読む

"プロデューシング・エンジニア" SUI にとっての Cubase・WaveLab

2014/05/28
プロデュースから作曲 / 編曲、プログラミング、エンジニアリングまで、あらゆることをこなす "プロデューシング・エンジニア" として、数多くのヒップホップ / R&B 作品の制作を手がけてきた SUI さん。最近は J-POP や劇伴まで活動範囲を広げています。Cubase と WaveLab をどうして選び続けるのか、またプロダクションはどのように行われているのか。"K7STUDIO" にて、じっくりとお話をうかがってみました。

続きを読む

メロディックデスメタル界の工匠、ダーク・トランキュリティの音世界

2014/04/23
メロディックデスメタルの始祖の一柱であるダーク・トランキュリティが3年振りに10枚目となる最新アルバム「CONSTRUCT」を リリースした。結成25周年ツアーの最中、キーボーディスト、録音エンジニアを兼ねるマーティンにインタビュー。かねてから、DAW やシンセサイザーの導入に積極的だった彼らが現在の音世界に到達する過程には Cubase の導入が!

続きを読む

世界の Goh Hotoda が語る、WaveLab と現代のマスタリング術

2014/03/12
ワールドワイドな活動を続けるエンジニア / プロデューサー、Goh Hotoda さん。本格的なプライベートスタジオ "Studio GO and NOKKO" をホームグラウンドに、現在はマスタリングの仕事も数多く手がけています。約2年前から WaveLab を愛用している Hotoda さんに、WaveLab を選んだ理由や実際のフローについて、じっくりと伺いました。

続きを読む

2013

New York Calling - Nuendo ADR システムを使った大陸横断フィルムプロジェクト

2013/12/24
ドイツを代表するオーディオポスト施設 Studio Funk。ミキサー / レコーディングエンジニア / ダイアログエディターである Dimitrios Posukidis に、ニューヨークの Goldcrest Studio との連携による国際リアルタイム ADR 録音について語ってもらいました。

続きを読む

赤川新一 - UR824 を Pro Tools の I/O として選んだ理由

2013/12/16
90年代前半にいち早くコンピューター・ベースの DAW を使い始め、現在は "studio mimizuku" を拠点に多くのアーティストの作品制作に関わる赤川新一さん。DSP ベースのシステムからネイティブシステムへの移行の際に UR824 を導入し、フル活用されています。UR824 を導入した理由とその活用術、また最新プロジェクトについて、じっくりと話を伺いました。

続きを読む

プロデューサー nishi-ken - "Cubase の音はアーティストの気迫についてきてくれるんです"

2013/12/06
気鋭のサウンドプロデューサー nishi-ken が、Cubase との出会い、彼の制作した Cubase 7 デモソング KOIMOYOU、プロデューサーとしてのメッセージなどを語ってくれました。

続きを読む

Simon Stockhausen - 新しいサウンドの領域

2013/9/12
コンポーザー、プロデューサーとして豊富な経験を持つ Simon Stockhausen は、近年サウンドデザイナーとして、サンプリングとシンセシスの可能性を追求しています。Padshop Pro / Padshop 用の拡張ライブラリー Granular Symphonies を手がけた彼に、サウンド作りの背景を語ってもらいました。

続きを読む

2012

CMC で加速した Q'HEY の Cubase ワークフロー

2012/10/11
1989年の DJ 活動開始以来常に日本ハードテクノシーンの中心で活躍される Q'HEY さんに、CMC シリーズの導入により強化された Cubase の音楽制作環境について話を伺いました。

続きを読む

鈴木 Daichi 秀行が語る「Cubase で拡がる THR の愉しみ」

2012/06/13
マルチプレイヤーとして第一線で活躍する鈴木 Daichi 秀行氏が、Cubase やヤマハギターアンプ THR10 について、ギタリストとして語ってくださいました。

続きを読む

スクウェア・エニックス 鈴木光人と Cubase

2012/05/23
「FINAL FANTASY XIII-2」をはじめ多くのゲームタイトルの音楽に携わるスクウェア・エニックスの鈴木光人氏にとって、Cubase は「手足」です。

続きを読む

プロデューサー石野卓球が語る Cubase の魅力

2012/03/15
20年来の Cubase ユーザーにして、電気グルーヴ、ソロ、プロデュースと世界で活躍を続ける石野卓球氏。Cubase との出会いから制作システム、作曲法まで盛りだくさんのインタビューです。

続きを読む

イメージをかたちにするソフトウェア - Sequel 3

2012/02/01
Sequel を使って作曲、プロデュースを学ぶことができるワークショップ「デジタルサウンド講座」。バージョン3になった Sequel と共に、2011年度作品合評会では、どんな音景色が描かれたのでしょうか。

続きを読む

プラチナゲームズの音楽、効果音制作秘話に迫る

2012/01/17
「ベヨネッタ」などを制作する大阪のプラチナゲームズ株式会社。ミュージックコンポーザーの山口氏、サウンドクリエイターの進藤氏に、Cubase の活用法や使い心地について、たっぷりとお話をうかがいました。

続きを読む

2011

サウンドプロデューサー江夏正晃が語る Sequel の魅力

2011/10/26
初代バージョンのリリース以来、「デジタルサウンド講座」の教材として、また作曲ツールとして Sequel を使い続ける江夏氏。Sequel を選ぶ理由は、そして、パワーアップした最新版バージョン3の魅力はどこでしょうか。

続きを読む

カプコン - 「モンスターハンター」「ドラゴンズ ドグマ」の音楽制作秘話を伺う

2011/10/13
「モンスターハンター」などのゲーム音楽を制作するカプコンのサウンドクリエーター牧野忠義氏。オーケストラアレンジを軸に、民族的要素やハードロック等をミックスしていくという氏のワークフローに、Cubase は欠かせません。

続きを読む

赤川新一: レコーディングエンジニアが語る RND Portico プラグインの魅力

2011/07/29
エンジニア赤川新一氏が語る RND Portico プラグインの魅力。VCM テクノロジーの開発者ヤマハ国本利文技師を聞き手に、赤川氏が Nuendo、RND プラグイン、そしてリリース前の Yamaha Vintage Plug-in Collection についてじっくり語ってくれました。

続きを読む

TYO テクニカルランチ - Post Production Center

2011/02/21
CM や企業 VP を中心に様々なメディアの編集、MA を数多く手がける TYO テクニカルランチ PPC。メインツール Nuendo + SyncStation + DM2000VCM のアドバンテージについて、業界名うての "Nuendo使い" 大場将吾氏と渡辺寛志氏にうかがいました。ムービーと共にご覧ください。

続きを読む

ゲームフリーク - ポケモンの制作現場から

2011/02/21
世界中で爆発的ヒットを続ける「ポケットモンスター」シリーズの開発・制作を手がける株式会社ゲームフリーク。ニンテンドーDS 版最新作「ポケットモンスターブラック・ホワイト」のサウンドリーダーとして、ゲーム内のサウンドを統括した景山将太氏にお話をうかがいました。

続きを読む

2010

Hanz Zimmer

2010/12/22
「インセプション」「シャーロック・ホームズ」をはじめ、毎年のハリウッド超大作に欠かせない Hanz Zimmer。現代を代表する映画音楽家である彼は、どうして Cubase を選ぶのでしょうか。

続きを読む

Ian Livingstone

2010/12/13
クラシックとエレクトロニカを行き来し、ゲーム、映画、TV など映像音楽界で幅広く活躍するサウンドトラックコンポーザー Ian Livingstone。即興演奏を Cubase で発展させ、CC121 でサラウンドモニターをコントロールする彼のスタジオでは、常時900もの MIDI チャンネルが立ち上がっています。

続きを読む

David Foster - Special Interview

2010/11/26
16年ぶりの来日を果たした David Foster。音楽界における数々の偉業を成し遂げたトッププロデューサーからの、Cubase や Yamaha シンセサイザー、そして音楽に対する姿勢についてのメッセージです。

続きを読む

DE DE MOUSE インタビュー

2010/11/12
民族音楽をモチーフにした独特なメロディーと、緻密にプログラムされたビートを高次元に融合したユニークなサウンドで、国内外で絶大な支持を集める DE DE MOUSE。彼がメインのプロダクションツールとして長年愛用しているのが Cubase と HALion のコンビネーションです。

続きを読む

CHIHIRO: CoCoスタ 訪問インタビュー

2010/10/29
R&B シンガー/ソングライターとして活躍するアーティスト CHIHIRO。彼女の楽曲制作の核となるのが、Cubase Studio を中心にしたコンパクトなシステムです。

続きを読む

上野圭市: honeyhunter 訪問インタビュー

2010/10/01
作/編曲家/作詞家 上野圭市氏のプライベートスタジオ "honeyhunter" を訪問しました。Cubase 2.0 + ATARI 時代から使い続ける Cubase について、上野氏ならではの経験と共に、大いに語ってくれました。

続きを読む

鈴木 Daichi 秀行: Studio Cubic 訪問インタビュー

2010/09/24
プロデューサー/アレンジャー/マルチプレーヤー鈴木 Daichi 秀行氏の "Studio Cubic" を訪問しました。制作、レコーディングからミックスまで行えるふたつのスタジオで Cubase、Nuendo が活躍。氏は15年以上の Cubase ユーザーでもあります。

続きを読む

松竹映画の音響制作に欠かせないツールとなったWaveLab

2010/07/20
日本映画を音響面で支える代表的ダビングステージ、松竹サウンドスタジオ。ここでも Steinberg 製品が活躍しています。音響技師、清水和法氏による WaveLab の活用法を、実演ムービーと共に公開します。

続きを読む

大島崇敬 (OMFACTORY) - Cubase 5 を選ぶ理由

2010/04/30
大阪を拠点に活動する OMFACTORY 大島崇敬氏の制作スタジオ訪問インタビューです。年間約3000時間を Cubase と共にするというエキスパートが全幅の信頼を寄せる Cubase 5、そしてシステムセットアップとは?

続きを読む

CLOUD 9 STUDIO - デジスタ2.0

2010/04/30
神奈川県のクラウドナインスタジオが Cubase 5 を中心としたセルフレコーディングサービス「デジスタ2.0」を導入して2年。身近なリハーサルスタジオで、音源制作の可能性は拡がっています。

続きを読む

中西亮輔 - プライベートスタジオ訪問記

2010/02/16
作曲家/アレンジャー中西亮輔氏のプライベートスタジオ "studio-R" 訪問インタビューです。Windows 7、Cubase 5 64bit を中心にしたシステムを、弦の録音風景も含めて実況でお伝えします。

続きを読む

Guy Cuyvers: Cubase と映像音楽

2010/01/29
ベルギーの映像音楽作家 Guy Cuyvers。20年のキャリアを持ち、Pro-24 からの Steinberg ユーザーである彼は、豊かな音楽的背景を持つギタリストでもあります。

続きを読む

2009

AI Update インタビュー

2009/09/17
8月末に同時リリースされた MR816 CSX/X (V1.5)、CC121 (V1.5)、Cubase (V5.1) のアップデート。トータルシステムとしての性能を一段と向上させた Steinberg と Yamaha の Advanced Integration = AI Functions の開発舞台裏をご紹介します。

続きを読む

Volta Masters with Cubase 5

2009/07/16
HipHop、R&B を中心に活躍する DJ-Remixer の Volta Masters。累計10万枚のセールスを誇る氏の手掛けた作品はすべて Cubase を用いて制作されているという。早速、制作拠点を取材してみました。

続きを読む

Erran Baron Cohen: 映画「ブルーノ」でも活躍した Cubase

2009/07/09
プロデューサー、プレイヤー、DJ そして ZOHAR の中心人物として活躍中の Erran Baron Cohen (エラン・バロン・コーエン) 。2006年の話題作 「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」 の音楽で一気に知られるようになった彼は2009年 「ブルーノ」 の音楽も担当しています。

続きを読む

Blautöne: Nuendo を駆使するオーストリアのポストスタジオ

2009/06/24

ウィーンの中心部にあるポストプロダクションスタジオ Blantöne はオーストリアの TV、広告業界で活躍しています。オーナー Thomas Kathriner と Christian Mayr にとって Nuendo は制作システムの中心であり、日々に欠かせないツールです。

続きを読む

25th Anniversary スペシャルインタビュー

2009/06/12
Steinberg 25周年と Cubase 5 発売記念イベント The Steinberg Day 2009 に合わせて、スペシャルインタビューが実現しました。当日会場で上映されたビデオから一部をご紹介します。

中田ヤスタカ 渡部高士 中西亮輔

Sequel 2:デジタルサウンド講座 - 連載企画

2009/02/20, 05/13
宝塚メディア図書館(旧:彩都メディア図書館)が開催するワークショップ「デジタルサウンド講座」では、Sequel 2 を使った作曲、プロデュースを学ぶことができます。

1. 誰もがミュージシャンになれた日
2. 生活に音楽があふれる喜び

Steve Lamm: Nuendo で制作されたグラミー受賞アルバム

2009/02/13
レコーディング エンジニア/プロデューサーであり Nuendo の熱狂的ファンである Steve Lamm が同じく Nuendo ユーザーの Bryan Lenox と共に手がけた TobyMac の "Alive and Transported" がグラミー賞のベスト・ロック/ラップ・ゴスペルアルバムに輝きました。レコーディング/エディット/ミックス全てにわたって用いられたのが Nuendo です。

続きを読む

2008

CHIHIRO with MR816CSX + Cubase 4.5

2008/12/17
ヤマハ、スマイルカンパニー、リットーミュージックの3社共同企画による、アーティスト CHIHIRO の新譜レコーディングレポート。12/3 に CD もリリースされ、MR816CSX、Cubase 4.5 のサウンドが堪能できます。

続きを読む

ヨーロッパのポストシーンで広まる Nuendo

2008/10/02
ヨーロッパのポストプロダクション業界において存在感を増す Nuendo。はじめて Nuendo ベースのシステムを導入するスタジオ、既に活用してきた Nuendo システムを拡張する施設…様々な導入事例を紹介します。

続きを読む

Tony Doogan と Cubase: 成功への運命

2008/06/11
グラスゴーサウンドの立役者、プロデューサーのトニー・ドゥーガン。日本でもファンの多いベル・アンド・セバスチャンやモグワイ、そしてくるりやスピードスターのレコードも手がけてきた彼を、自身のスタジオ「キャッスル・オブ・ドゥーム」に訪ねました。

続きを読む

2007

Ruff & Jam

2007/05/31
Jean Marie Moens & Luke Mourinet としても知られている、才能溢れるリミックスチーム Ruff & Jam。カイリー・ミノーグ、ロビー・ウィリアムス、シザー・シスターズ…多くのアーティストの作品にクレジットされる彼らに、音楽そして Cubase について大いに語ってもらいました。

続きを読む