Steinberg — Creativity First
Main navigation
 
 
 
Menu on product page
 

4コアを超えるシステムと Cubase、Nuendo について

Cubase や Nuendo は8コアなどのテクノロジーを用いたコンピューターシステムに対応していますか?

Cubase 5.5 以降、Cubase Artist 6 以降、Cubase Studio 5.5 および Nuendo 5 以降は6コア、8コア、12コアなどのマルチコアテクノロジーに対応しています。
一方、Cubase 4 ~ 5.1.1 シリーズ、Nuendo 4 ~ 4.3 では、これら4コアを超えるマルチコアシステム上でレイテンシーを極めて低く設定した場合、最大の効率を得られない事が判っています。

理由はなんでしょう?

オー ディオ処理のように CPU が同時に複数の処理を行うためには、コア同士の同期が必要です。その結果、「オーバーヘッド」が生じ、追加の CPU パワーが要求されます。コアが増えるに従って、ASIO ブロックで計算結果をオーディオドライバーに提供するためにより多くの同期処理が必要になります。このため、4コアを超えるシステムでは、期待した程のパ フォーマンス向上が得られません。これはローレンテーシー設定にした時に顕著です。

Steinberg はどのような対応をすすめますか?

Cubase 4 ~ 5.1.1 シリーズ、Nuendo 4 ~ 4.3 をお使いの場合、4コアを超えるシステムでは、ASIO レーテンシー設定を 6ms 以上にすることをおすすめします。

(2013/02/04 更新)

 

ソフトウェア ダウンロードメニュー

ハードウェア ダウンロードメニュー

コンテンツ&アクセサリー メニュー