Steinberg — Creativity First
Main navigation
 
 
WaveLab
 
Menu on product page
 

WaveLab を選ぶ理由

トッププロフェッショナルに支持され続ける WaveLab。1995年、最初期のマスタリングアプリケーションとして登場以来、WaveLab は数々の金字塔を打ち立てながら「最高のマスタリング、エディット、レストレーション環境」を提供するために進化を続けてきました。

 
Audio Editing & Mastering

オーディオ編集 / マスタリング

WaveLab は、サンプル精度のステレオ/マルチトラックオーディオ編集機能と、ワークフローを最適化する数々のツールを統合しています。今日最もパワフルかつ柔軟性に富むマスタリングアプリケーション、それが WaveLab です。

  • ステレオ / マルチトラック対応、クリップベースのオーディオモンタージュ
  • 最高サンプリングレート 384kHz のクオリティ
  • トラックベースエフェクト、マスターエフェクトセクション、マスターセクション
  • 無制限 Undo / Redo、パワフルなバッチ処理、アーカイブ機能
  • 複数のスピーカー構成でモニター比較可能なスピーカーマネージメントシステム
  • iZotope MBIT+™ ディザリング、Voxengo CurveEQ、マスタリンググレードの VST 3 プラグインを多数搭載
  • 素早いナビゲーションが可能なマーカーシステム、トランスポートパネル
  • 多彩なオーディオ解析、メータリング機能
  • 高解像度ズームが可能にする先進の編集機能
 

 

レストレーション(整音 / 修復 / ノイズ除去)

スペクトラムエディターによる高度な周波数帯域/時間軸編集、エラー訂正ツールに加え、ハイエンドプラグインメーカー Sonnox 社による3種のオーディオレストレーションツール DeNoiser / DeClicker / DeBuzzer を搭載。大切な音源のノイズ除去や整音に WaveLab は絶大な威力を発揮します。

  • 周波数スペクトラムの奥深くに隠れたエラーを的確に修正できるスペクトラムエディター
  • 自動訂正機能を備えたオーディオ解析ツール
  • バックグラウンドノイズを効果的に抑える DeNoiser
  • ポップ、クリックノイズを取り除く DeClicker
  • 電源などのハムノイズを除去する DeBuzzer
Audio restoration
 

 
CD mastering

CD / DDP マスタリング

CD のマスタリングとは、単に音楽トラックを最大のラウドネスで詰め込み、順序正しく曲を並べて CD を作成することではありません。WaveLab ではマスタリングスタジオで行われるように、アルバム 全体に整合感のとれた音を作り出すため、レベル、イコライジング、空気感、トラックごとの調和など、様々な面での調整が可能です。

  • 業界スタンダード DDP フォーマット対応
  • CD プレス業者に DDP イメージで納品可能
  • 曲間の複雑な移行やクロスフェードを作成
  • 直感的にトラックの組み立て、オーディオ編集、エフェクト適用が可能
  • 充実したマーカー、PQ 編集機能
 

 

放送用プロダクション

Broadcast production and batch processing

業務用の放送設備で求められる優れた音質、データの信頼性、ワークフローの効率、システムとの統合性などを、WaveLab はハイレベルでカバーします。

  • 384kHz / 24ビットのオーディオ解像度、 32ビット浮動小数点内部演算
  • EBU 準拠ラウドネスメーター / 処理
  • MPEG 1 レイヤー2 (MUSICAM) / BWF 対応
  • API スクリプトによる一括(バッチ)処理
  • 多数のフォーマットとメタデータに対応

インタビュー / フィールドレコーディング

Interviews and field recording

ラジオジャーナリストに最適な WaveLab。野外録音、インタビュー収録、そしてその編集や書き出しにも欠かせません。

  • 柔軟なモニタリング設定を備えた録音機能
  • 録音、解析、マスタリング、バッチ処理、そして求められるフォーマットへのレンダリングまで完結

研究機関での活用

Institutional applications

WaveLab の優れた録音、音声処理機能は、科学分野においても活躍。音源の修復やアーカイブ化、高度な研究、そして司法分析にも用いることができます。

  • 高い信頼性と柔軟性
  • ワークフロー、プリセット、バッチ処理を高度にカスタマイズ可能
  • さまざまな研究機関が持つフォーマットに対応