Steinberg — Creativity First
Main navigation
 
 
LoopMash HD を購入
 
Menu on product page
 

LoopMash HD は、ビートや旋律などのループ素材を最大8つブレンドして、斬新なリズムやグルーヴを生成する革新的なバーチャルインストゥルメントです。Yamaha との共同開発により Cubase 5 でデビューし、Cubase 6 で大幅にパワーアップした LoopMash が、ついに iPad プラットフォームにも移植されました。

LoopMash HD は、民族音楽からエレクトロまで30以上のプリセットと250以上のループ、そしてテープストップやスタッターなど19のパフォーマンスエフェクトを搭載。もちろん、直感的な操作性、ストレスフリーの 3D ページナビゲーションは iPhone / iPod touch 版と同じ。いつでもどこでも iPad でループをマッシュアップしましょう。

主な特長

  • 250以上の魅力的なオーディオループが付属
  • すぐにはじめられる30以上のプリセット
  • 直感的な 3D スワイプページナビゲーション
  • 4小節ループを同時に最大8つ読み込み、再生が可能
  • プリセットごとに24のシーンを利用可能
  • スタッターやスクラッチなど19のライブパフォーマンスエフェクトを搭載
  • スタジオグレードのエフェクト4種搭載
  • LoopMash HD アプリ内から追加のコンテンツを購入可能

Version 1.2 の新機能: Audiobus 対応

LoopMash HD 1.2 は、ついに Audiobus に対応しました。Audiobus は、複数の App の間で、リアルタイムオーディオストリームのやりとりを可能にする iOS プロトコルです。

これからは、Cubasis などの App の録音ソースに LoopMash HD のオーディオ出力を直接ルーティングすることができます。

さらに、Cubasis の前に他の App を接続し、LoopMash のエフェクトプロセッサーとして使用することも…可能性はいくらでも膨らみます。

 

マッシュアップ

8つのトラックにオーディオループをロードし、感性のままにマッシュアップ。Track ページで好きなループを選んだら、Mash ページの Similarity Gain スライダー(各トラック)や、Similarity Threshold スライダー(全トラックをまたぐ)を操作してグルーヴやスライスの数を決めましょう。ループ再生中にスライダーを操作すれば、サウンドは変幻自在。もちろん、操作はマルチタッチで行えます。

スライスマトリックス

LoopMash の中心画面 Matrix ページでは、スライスされた4小節ループを8つのトラックにマトリックス表示。マスタートラックを選べば、そのリズムを他のトラックが参照します。上には再生ボタン、下にはテンポスライダーを装備。Edit ページでは 同時再生するスライス数、スライスを探す頻度、オフセット、スタッカート、類似性の比較方法、アダプトモードなどを調整できます。

 

ループにフレーバーを

Mix ページではトラックバランスをフェーダーで簡単にミックス。また、搭載する4つのエフェクト:ローパス/ハイパスフィルター、フランジャー、フェーザーを選び、クラシックなダンスフロアエフェクトを指先で自在にコントロールできます。

ピッチトランスポーズ

ボリュームスライダーの左をタップすると、半音単位でトランスポーズの値をトラック毎に指定できます。

* Mix ページは2段階スワイプ表示です。

プリセット、シーン&パフォーマンス

LoopMash HD には30以上のファクトリープリセットを搭載。すぐにマッシュアップを楽しむことができ、オリジナルプリセットも無制限に保存可能です。
また、スクラッチ、スタッター、テープストップ、バックスピンなどの強力なリアルタイムエフェクトを19種類装備。Performance ページでは、これらのエフェクトを操作するパフォーマンスパッドと共に、それぞれのプリセット毎に、ループ、エフェクト、類似性、アダプトモード、ボリューム、移調、テンポ等を24種類まで設定し、トリガーできるシーンパッドを装備しています。

 

プリセットの共有

iTunes を使って、プリセット交換も簡単に行えます。iPad をコンピューターに接続し、iTunes 左側のメニューからデバイスを選択してください。続いてトップメニューの “App” をクリックし、“ファイル共有” > “App” リストから LoopMash を選択すると、自分で制作したプリセットが右側の “LoopMash HD の書類” リストに表示されます。あとは希望のプリセットを選んで “保存先…” をクリックすれば、コンピューター にプリセットを保存することができます。友人からもらったプリセットを読み込む場合は、“追加...” ボタンをクリックしてファイルを選ぶだけです。

3D スワイプページナビゲーション

LoopMash HD のナビゲーションは、LoopMash for iPhone/iPod touch と同様の 3D ページシステム。センターの Matrix ページから指でスワイプすると、上下左右のページに移動します。隣り合った Performance、Mash、Mix、Global ページでは、それぞれのパラメーターと共に Slice Matrix が 3D 表示。まるでキューブの中で上下左右の壁を操るように、LoopMash を操作することができます。

 

Version 1.1 の新機能: 2ミックスファイル作成と書き出し

LoopMash HD 1.1 では、マッシュアップを2ミックスファイルとして書き出す待望の機能を追加しました。右上に追加された赤いボタンをタップすれば、あなたのマッシュアップ を「録音」開始。リアルタイムエフェクトやパラメーターの変化などもそのまま記録します。再び赤いボタンを押せばセッションは完了し、2ミックス WAV ファイルに名前を付けて保存できます。その後、iTunes 経由でファイルをコンピューターと共有することができます。

* V1.1 には、iOS 5.1 以降が必要です。以前のバージョンの iOS をご使用の方は、LoopMash HD V1.0 をご使用ください。

 

LoopMash HD コンテンツセット

 

お気に入りの音楽スタイルのなかから、すばらしいサウンドを収録したコンテンツセットを LoopMash に追加することができます。コンテンツには、プロフェッショナルが手がけ、厳選された50を超えるオーディオループが含まれます。

コンテンツは、LoopMash HD アプリ内の Tracks ページ > Audio Files ページ > "追加のコンテンツを入手" から購入できます。

"The Pump up the mash! Vol.1-4" は、ミニマル、アンビエント、プログレッシブハウス、エレクトロなど、先端のエレクトロニックミュージックに欠かせないループ集です。

 

動作環境

  • iPad (第1世代、第2世代、第3世代*)
    * Version 1.1 は Retina ディスプレイに対応
  • iOS 4.0 以降 (Version 1.0)
  • iOS 5.1 以降 (Version 1.1)
  • iOS 6.0 以降 (Version 1.2.5)

LoopMash HD のサポートは、Steinberg ウェブサイトのフォーラム(英語)で提供しています。

 

 

LoopMash app シリーズ

LoopMash app は3種類をラインナップ。すべて、Apple iTunes App Store にて販売中です。

  • iPad 版 "LoopMash HD"
  • iPhone / iPod touch 版 "LoopMash"
  • iPhone / iPod touch 版 "LoopMash Free"

お持ちのデバイスや用途でお選びください。

iPhone / iPod touch 版について 詳しくはこちら

機能比較表

LoopMash HD LoopMash LoopMash Free
対応デバイス iPad iPhone 3GS/4/4S, iPod touch (第3世代以降) iPhone 3GS/4/4S, iPod touch (第3世代以降)
シーン毎の最大ループ数 8 4 4
ループの長さ 4 2 2
シーンの数 24 8 8
付属ループ数 258 274 51
プリセット数 31 43 10
エフェクト (ローパス/ハイパスフィルター、フランジャー、フェイザー) Logo green Logo green Logo green
パフォーマンスエフェクト (バックスピン、スタッター、スクラッチ等) Logo green (19)
シーンのネーミング Logo green
プリセット保存機能 Logo green Logo green Logo yellow (アドオン)
プリセット共有機能 (iTunes 経由) Logo green Logo green Logo yellow (アドオン)
 
 

ソフトウェア ダウンロードメニュー

ハードウェア ダウンロードメニュー

コンテンツ&アクセサリー メニュー